ここから本文です

EURO版レスターが見る夢 16強イングランド戦で大番狂わせに燃えるアイスランドMF「新たなおとぎ話だ」

Football ZONE web 6/24(金) 15:10配信

奇跡の躍進にMFグンナルソンは武者震い

 欧州選手権(EURO)での快進撃が続くアイスランド代表は、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角と目されているイングランド代表と対戦することが決まった。チームの中心選手であるMFギルフィ・シグルズソン(スウォンジー)は「おとぎ話」の続編を披露するためにイングランド代表の大黒柱FWウェイン・ルーニーを封じ込めなければならないと意気込んでいる。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 人口わずか約33万人の小国がEURO初出場で初の決勝トーナメントへの切符を手にした。EURO予選でオランダなどの強豪を打ち破った勢いそのままに、本大会でも強豪ポルトガルとドローに持ち込むなど1勝2分で、グループF2位突破を果たした。チーム一丸となったハードワークで世界を驚かせている。

 そして、ベスト16の舞台ではイングランドと対戦することが決まった。マンチェスター・ユナイテッドのファンを公言するMFアーロン・グンナールソン(カーディフ)は「プレミアリーグを見ているアイスランドのみんなにとって、これはも新たなおとぎ話になる」と興奮を隠し切れない様子だ。

 プレミアリーグでプレーし、イングランドの選手のことをよく知るシグルズソンはキャプテンマークを巻いてプレーするルーニーに対して賞賛を送る。

「彼はとてつもない選手。特に彼がイングランド代表として決めてきたゴールの数(52得点)はすごい。彼はイングランドの歴代最多スコアラー。イングランドとマンチェスター・ユナイテッドにとってファンタスティックな存在だ。彼を悪く言う人がいるとは思えないね」

「ルーニーを止めなければ」と中盤のキーマンは誓う

 今大会のルーニーは点取り屋としてではなく中盤で起用され、組み立てやチャンスメークで力を発揮している。シグルズソンも「彼はとても素晴らしいパサー」と話し、プレーメーカーとしてもワールドクラスの実力を持つルーニーに脱帽している様子だが、アイスランドが勝ち進むためには避けて通れない壁でもある。

「イングランドのプレーを止めようと思ったら、まずは彼を止めなければいけないだろう」

 プレミアでゴールを量産したFWハリー・ケイン(トットナム)やFWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)らに注目が集まるが、あくまで攻撃の中心はルーニーだと警戒を強めている。

 今季のプレミアリーグで奇跡の初優勝を遂げたレスターは「ミラクル・レスター」とも称され、サッカー界のおとぎ話として注目を集めた。小国アイスランドの躍進もまた「おとぎ話」として驚きを持って伝えられているが、ルーニーがけん引する強国イングランドを倒すことができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/24(金) 15:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。