ここから本文です

決勝Tでの巻き返し狙うポルトガル。指揮官はロナウドに全幅の信頼

フットボールチャンネル 6/24(金) 8:50配信

 今EUROで未だ勝ち星がなく、3引き分けながらも決勝トーナメントに滑り込んだポルトガル代表。フェルナンド・サントス監督はエースのクリスティアーノ・ロナウドへの信頼を述べ、巻き返しを誓っている。22日、スペイン紙『アス』が報じている。

【ポルトガル、決勝T進出 EURO2016 最新順位表】

 指揮官は3-3と打ち合いに終わった、グループリーグ最終戦のハンガリー戦を振り返り「首位通過したかった。最初の2試合はディフェンス陣がよかったが、この試合は全く逆なものになってしまった」と述べ、「3度同点に追いついた選手たちは褒めなければいけない。もし負けていれば大会から去らなければならかった。最後はリスクを避けたかった」とコメントしている。

 ようやく2ゴールをマークした、エースのクリスティアーノ・ロナウドについては「彼は勝利者であり、ストライカーなのだ。点を取らなければならない人間なのだ」と述べ、「攻撃的にプレーし、ゴールを奪った。これは我々にとって明るいことだ。次戦のクロアチア戦ではさらに自信をもってプレーしてくれるだろう」と絶対的エースへの信頼を口にした。

 「我々は野望を持ち続け、意欲に満ちている。ファイナルにたどり着きたい」と自信を見せるサントス監督。決勝トーナメントからのポルトガルの巻き返しはなるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 9:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。