ここから本文です

運命の再会を控えるスペインとイタリア EURO16強で実現した前大会決勝カードに名手シャビも「あまりに早い」

Football ZONE web 6/24(金) 19:20配信

「哲学は素晴らしく、どちらも決勝進出の候補だった」

 元スペイン代表で欧州選手権(EURO)連覇に貢献したMFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が16強で激突することになったスペインとイタリア代表の一戦について「運命の再戦だが、あまりに早すぎた」と説明。2012年大会決勝と同一カードとなる強豪国の激突は準決勝か決勝が相応しいと持論を展開している。イタリアの地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「運命の再戦のようだ。だが、お互いにとって不運な結果だ。残念ながら、この試合の実現はあまりに早すぎた。準決勝か決勝なら納得がいく。イタリアとスペインは今大会で一定の水準を示してきた。ここまで2チームが決勝進出の候補だった」

 華麗なパス回しで無敵艦隊を率いてきた天才司令塔は16強での激突を嘆いた。イタリアはグループステージでFIFAランク2位ベルギーを退け、首位突破を決めた。その一方、前人未到の3連覇を狙うスペインはグループステージ2連勝で迎えたクロアチア戦で敗れ、2位に転落。16強ではイタリアと戦う羽目に。もしイタリア戦を制したとしてもイングランド、ドイツ、フランスと準決勝までに潰し合う「死の山」に入ることになった。

「両国がお互いのスタイル通りに2試合いいプレーを見せた。スペインの2試合は文句のつけられないものだった。イタリアも3-5-2システムでいい試合を見せていた。結果としては幸運も働いたが、哲学は素晴らしい。コンテのチームは守備面で高次元の機能を見せている」

「イタリアには“怪物”はいないが…」

 すでに16強突破を決めていたグループリーグ最終戦で両チームとも敗れた。それまでの2試合は素晴らしい内容だったという。イタリアは近年タレントに恵まれていないが、それでも脅威だという。

「イタリアにはワールドクラスのビーストはいないが、エデルとペッレはどんな局面でもゴールできる。セットプレーでの武器もある。デ・ロッシ、バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニはすべてのセットプレーを危険にする。インシーニェとインモービレもいる。ベンチにも偉大なタレントがいる。イタリアはハードワークを基調としている。ペッレとエデルもフィジカルタイプの選手だ。グループのために犠牲となれる。だから、彼らは代表に選ばれたのだろう」

 司令塔は豊かな見識を示した。セットプレーとハードワークという鉄壁の守備を誇るコンテ流における脅威を説明した。

1/2ページ

最終更新:6/24(金) 19:20

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。