ここから本文です

セリエB得点王、本田のミランへ電撃移籍! 明日メディカルチェックへ

フットボールチャンネル 6/24(金) 10:30配信

 ペスカーラに所属するFWジャンルカ・ラパドゥーラが、日本代表MF本田圭佑のミランに電撃移籍することになったようだ。23日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』を含む複数のメディアが報じている。

【動画】本田圭佑、苦難続きも“のびしろ”たっぷり? 今シーズンを振り返る(Fchan TV)

 26歳のラパドゥーラは、今季に30ゴールを決めてセリエB得点王に輝いたことで、その去就が注目されていた。ユベントスやナポリといったビッグクラブやサッスオーロやジェノアが同選手の獲得争奪戦を行っていたが、極秘に近づいていたミランが電撃的にその争奪戦を制したようである。

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、先週ミランの本部でペスカーラのダニエレ・セバスティアーニ会長と内密に交渉を行ったようだ。そして本日17時にミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長からゴーサインが発せられ、移籍金1000万ユーロ(約12億円)で交渉が成立したようである。翌日の明朝8時30分には、すでにメディカルチェックも予定されているようだ。

 ラパドゥーラの新天地は、本日の13時まではジェノアが最有力候補だとみられていたようである。午前中には肖像権の問題を解決しようとしていたナポリが最有力候補だったようだが、今季のセリエA得点王であるアルゼンチン代表のFWゴンサロ・イグアインの存在が選択に大きな影響を及ぼしたようだ。

 そして午後には、ラパドゥーラ本人と直接話をし、来季の監督とは無関係にレギュラーポジションを約束したことで、ミランはペスカーラと合意に至ったという。

 プロキャリアで初のビッグクラブ挑戦となるラパドゥーラ。未だに来季の指揮官は決まっていないにせよ、ミランでその実力が発揮できるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 11:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。