ここから本文です

ヴァーディ、急転レスター残留の2つの理由 戦術の差に加え、アーセナルからもらえなかった約束手形とは

Football ZONE web 6/24(金) 23:15配信

ベンゲル監督は先発起用を確約せず

 イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディはレスター・シティとの4年契約延長に合意を発表した。アーセナルが獲得に動き、正式決定間近と言われながら残留を決めた大きな要因はレスターとのプレースタイルとの違いに加え、アーセン・ベンゲル監督から出場機会を確約されなかった背景があったようだ。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 アーセナルはレスターに対し、ヴァーディの契約解除金2000万ポンド(約28億円)の支払いと、週給12万ポンド(約1680万円)の好待遇をオファー。一時は欧州選手権(EURO)を前に正式決定すると報じられていた。しかし、事態は急転。レスターも年俸増額のオファーを用意して慰留に努め、引き止めに成功。先日、4年の契約延長に合意していた。

 レポートによれば、ヴァーディが移籍を断った理由としてポゼッションサッカーを志向するアーセナルのプレースタイルが関係しているという。今季、プレミアリーグを初制覇したレスターはクラウディオ・ラニエリ監督が植え付けた、前線からのハイプレスで相手からボールを奪い、一撃必殺のショートカウンターでゴールを奪うスタイルを貫いた。そのスタイルを牽引したのが圧倒的なスピードと運動量、24得点を決めた抜群の決定力を備えるヴァーディだった。自身の能力を最大限活かす環境を考えれば、レスター残留の道を選ぶほうが賢明だと判断したようだ。

一時は移籍秒読みから4年契約で残留

 またアーセン・ベンゲル監督から試合出場の保証を得られなかったことも理由の一つと報じられている。今季はプレミアリーグで11試合連続得点というリーグ新記録を打ちたて、24得点を決めたストライカーは競争を求められるビッグクラブへの移籍よりも、確実に試合に出続けられる慣れた環境を選んだようだ。

 2012年まで英5部のフリートウッド・タウンFCでプレーしていた遅咲きのストライカーは、プレミア制覇、プレミアMVP、イングランド代表としてEURO出場と一気にスターダムを駆け上がった。来季は欧州最高の舞台となるUEFAチャンピオンズリーグに参戦する。ヴァーディのシンデレラ・ストーリーは、来季もキングパワー・スタジアム(レスターの本拠地)を舞台に続いていきそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/24(金) 23:15

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。