ここから本文です

ハーフナーはADO残留か。具体的なオファーなく来季は元浦和監督のもとプレーへ

フットボールチャンネル 6/24(金) 12:00配信

 オランダ・エールディヴィジのADOデン・ハーグに所属する日本代表FWハーフナー・マイクは、来季もクラブに残留することになりそうだ。蘭メディア『Voetbal International』が伝えている。

 ハーフナーには以前、ブンデスリーガのクラブなどが興味を示していると報じられていたが、同メディアによれば具体的な獲得オファーは今のところ届いておらず、残留する見込みだという。

 デン・ハーグはヘンク・フラサー前監督が退任し、来季はかつて浦和レッズで監督を務めていたゼリコ・ペトロヴィッチ氏が指揮を執ることが決まっている。

 今季はリーグ戦で16得点を記録し、チーム得点王となる活躍を見せたハーフナー。新シーズンは、ペトロヴィッチ新監督のもとでプレーすることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 14:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。