ここから本文です

これが名門の証左か。EURO最多輩出の2クラブ、それぞれ全選手が決勝Tへ進出

フットボールチャンネル 6/24(金) 14:58配信

 現在フランスで開催されているEUROは、グループステージ全試合が終了して現地時間25日から決勝トーナメントが行われる。

【EURO2016 最新順位表】

 今大会はリバプールとユベントスがそれぞれ最多となる12選手を送り出しているが、なんと全選手が決勝トーナメントを果たしている。

【リバプール】
GK:シモン・ミニョレ(ベルギー代表)
GK:ダニー・ウォード(ウェールズ代表)
DF:ナサニエル・クライン(イングランド代表)
DF:マルティン・シュクルテル(スロバキア代表)
MF:ジェームズ・ミルナー(イングランド代表)
MF:ジョーダン・ヘンダーソン(イングランド代表)
MF:アダム・ララーナ(イングランド代表)
MF:エムレ・ジャン(ドイツ代表)
MF:ジョー・アレン(ウェールズ代表)
FW:クリスティアン・ベンテケ(ベルギー代表)
FW:ダニエル・スタリッジ(イングランド代表)
FW:ディボック・オリギ(ベルギー代表)

【ユベントス】
GK:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア代表)
DF:ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア代表)
DF:アンドレア・バルザーリ(イタリア代表)
DF:レオナルド・ボヌッチ(イタリア代表)
DF:ステファン・リヒトシュタイナー(スイス代表)
MF:ステファノ・ストゥラーロ(イタリア代表)
MF:パトリス・エブラ(フランス代表)
MF:サミ・ケディラ(ドイツ代表)
MF:ポール・ポグバ(フランス代表)
FW:アルバロ・モラタ(スペイン代表)
FW:マリオ・マンジュキッチ(クロアチア代表)
FW:シモーネ・ザザ(イタリア代表)

 普段は同じクラブでプレーしている選手同士が国を威信を懸けて熱い戦いを繰り広げるのがEUROの醍醐味でもある。

 リバプール勢ではシュクルテルのスロバキアとジャンのドイツが激突。また、ユベントス勢ではモラタ擁するスペインが、ユベントス守備陣で構成されたイタリアと対戦する。

 多くの選手を送り出しながら全選手が決勝トーナメントへと勝ち進んだ両クラブ。これが名門の証左なのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 16:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。