ここから本文です

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』公開決定 C・ファースとJ・ロウが編集者と作家役に

リアルサウンド 6/24(金) 18:00配信

 コリン・ファースとジュード・ロウの初共演作「Genius」が、『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』の邦題で10月中旬に公開されることが決定した。

 本作は、ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど数々の世界的有名作家を見出した実在の名編集者マックスウェル・パーキンズと、37歳で短い生涯を閉じた天才小説家トマス・ウルフの人生と友情を描いた人間ドラマ。第66回ベルリン国際映画祭ではコンペティション部門に正式出品された。

 『英国王のスピーチ』『キングスマン』のコリン・ファースが寡黙な編集者マックスウェル・パーキンズを、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウが自由奔放な作家トマス・ウルフをそれぞれ演じ初共演を果たすほか、『シークレット・アイズ』のニコール・キッドマン、『アイアンマン3』のガイ・ピアース、『イカとクジラ』のローラ・リニー、『マネーモンスター』のドミニク・ウェストらが出演する。『007 スカイフォール』のジョン・ローガンが脚本を手がけ、トニー賞を受賞した演出家マイケル・グランデージが初めてメガホンを取った。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/24(金) 18:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。