ここから本文です

『X-MEN:アポカリプス』特別映像、デッドプールが5つの予告編トリビアを解説

リアルサウンド 6/24(金) 20:48配信

 『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』より、デッドプールが予告編を解説する特別映像が公開された。

 本作は、ブライアン・シンガー監督がメガホンを取った『X-MEN』シリーズ第6作。最古最強のミュータント・アポカリプスと黙示録の四騎士と、プロフェッサーX率いる若きX-MENの戦いを描く。過去作に引き続き、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらが出演するほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザックがアポカリプス役を務める。

 このたび公開されたのは、“デッドプールが教える『X-MEN:アポカリプス』トリビア”と銘打たれた特別映像。『X-MEN:アポカリプス』の予告編に続き、X-MENファミリーでもあるデッドプールが、予告編で見逃されがちな5つのポイントを紹介する。「この映画は目覚めの悪いアポカリプスに、プロフェッサーXがボコられるという内容のようだ」「日本人のミュータントが登場するようだ。しかも手から包丁をはやして…」など、デッドプール節が炸裂。最後には、現在公開中の『デッドプール』を宣伝する姿が映し出される。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/24(金) 20:48

リアルサウンド

なぜ今? 首相主導の働き方改革