ここから本文です

金満PSGは“退職金”も超ド級。今季退任のブラン監督に26億円の支払いか

フットボールチャンネル 6/24(金) 21:00配信

 オイルマネーによる金満ぶりで知られるパリ・サンジェルマン(PSG)は退職金も超ド級のようだ。23日付のフランス紙『レキップ』が報じている。

 PSGのローラン・ブラン監督は、最早PSGの監督ではなくなったとみられている。同監督はすでに前日の22日の朝に契約解消のサインをしたようで、後は正式発表を待つだけの状況だ。そして、残りもう2年間の年棒と今季の半分の年棒、それにボーナスを加えた2200万ユーロ(約26億円)という莫大な金額の退職金を受け取ることになるようだ。

 前任のカルロ・アンチェロッティ監督の後任として2013/2014シーズンから3年間指揮を執って来たブラン監督は、リーグ三連覇、そして国内三冠を一度、さらにフランス史上初となる国内四冠を2年連続で成し遂げる偉業を達成した。それでもチャンピオンズリーグでの不十分な成績が退任の原因となっている。

 一方で、PSGはヨーロッパリーグ三連覇を達成したセビージャを退任したウナイ・エメリ監督を来季の新指揮官として招聘することになるとみられている。偉業を成し遂げながらも退任する羽目となってしまったブラン監督。しかし彼が非常に裕福な失業者であることは間違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 21:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。