ここから本文です

ミラン、“イタリア版クローゼ”を獲得! 今季セリエBで30得点を記録

フットボールチャンネル 6/24(金) 21:10配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが今季のセリエB得点王を獲得することが決定的となった。24日、イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』を含む複数のメディアが報じている。

 ラパドゥーラは今季セリエBのペスカーラで昇格プレーオフを含む公式戦46試合で30ゴール12アシストを記録。セリエA昇格の原動力となった。同選手はペスカーラの指揮官でありミランOBのマッシモ・オッド監督に「ドイツの伝説ミロスラフ・クローゼのようだ」と称賛されている。

 この例えに「クローゼのキャリアはサッカー選手にとって夢のようだ。ペスカーラとオッド監督に感謝しなければいけないね」と喜んでいる。

 ミランはラパドゥーラ獲得によってジェレミー・メネズやルイス・アドリアーノの放出が見込まれている。大エースカルロス・バッカとラパドゥーラの2トップによって、名門復活を成し遂げることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/24(金) 21:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)