ここから本文です

顧客の「タグ付け」を宣伝に活かす、モバイルアプリ「スティールズ」の可能

Forbes JAPAN 6/24(金) 8:30配信

この10年でソーシャルメディアの人気は急上昇。世界中の企業がそのマーケティングツールとしての大きな潜在的可能性に気づき、それを使って認知度や業績向上に役立てようと試みてきた。スティールズ(Stealz)の共同創設者でCEOのジム・ザイダーもその一人だ。



サイダーは「ソーシャルメディアは、現代におけるコミュニケーションの基本的形態の一つだ。あなたが撮った写真を投稿すれば、数秒以内にあなたの全人脈がそれを見ることができる」と言う。

だが同時にある問題を指摘する。フェイスブックだけでも1日に5億枚を超える写真がアップロードされているのに、そのうち撮影した場所や関連企業のタグづけを行っているものは8%(つまり4,000万枚)しかないのだ。

企業はその他4億6,000万枚のマーケティングツールとしての可能性を、いかにして生かすことができるのか。ザイダーは、スティールズこそがその解決法だと言う。

ザイダーの言葉を借りれば、「スティールズは、ソーシャルメディアを通して企業の顧客をブランド大使に変えるモバイルアプリ」だ。スティールズのユーザーが、同社の契約店(たとえば飲食店など)で撮影した写真を投稿すると、その店が自動的に投稿にタグづけされる。店側にとっては、ソーシャルメディアを通して大勢の人に好印象を与えることができる可能性がある。

顧客にとってのメリットは、店を訪れたり写真を投稿したり、フィードバックを書き込んだり、ツイッターでフォローしたりすることで得られるポイントだ。貯めたポイントは、店が決めた特典(たとえば前菜一品無料など)と交換することができる。

開発チーム・投資家・顧客

ザイダーはブラント・エリオットCTO、ブレント・ノーランCSO、ジョン・チャールズワースCPOと共に、2012年にスティールズを創業。そこにエンジェル投資家のデービッド・ガードナーが取締役として参加した。

ガードナーが率いた2014年5月のファーストシードでは、48万8,000ドル(約5,102万円)を調達。さらに2015年3月には100万ドル(約1億円)を調達した。

売り込み先は主にレストランで、5か国の1,000を超える店、および米東海岸と中西部の26州に顧客がいる。顧客にはマクドナルドやアップルビーズ、デニーズなどの大手チェーンが含まれ、これらの契約店のサービス使用料は月100ドル(約1万円)、個人ユーザーは無料だ。

1/2ページ

最終更新:6/24(金) 8:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。