ここから本文です

電子メールはもう不要? 職場の未来にその姿はあるのか

Forbes JAPAN 6/24(金) 18:00配信

あなたの電子メールの受信トレーは、数多くのメールであふれているかもしれない。仕事で使用されているメールアカウントは世界中に10億以上あり、およそ1,000億通のメールが毎日送信されている。これほど普及しているのだから、メールは職場と仕事において、どこでも使えて当たり前のものだ。



だが、いまや多くの人たちが、その価値と今後に疑問を呈している。それはなぜなのだろうか──?

職場環境が進化し、毎日のように新たなテクノロジーがもたらされるなかで、電子メールが変化を強いられるのも不思議なことではない。電子メールはこの先、消滅してしまうのではないかと考える人もいるだろう。だが、そうなるとは限らない。現時点で、メールの将来には次の3つの可能性が考えられる。

1. 排除

電子メールのないビジネスの世界など、存在不可能なように思える。しかし、世界中にはこれを実現しようと試みる企業も複数ある。こうした企業はほぼすべてが、まずクラウドベースの協調システムに移行し、それによって社内メールの使用をやめようとする。

協調システムを導入することで、従業員同士はバーチャルに会話をしたり、連絡を取ったり、連携して仕事を進めたりすることができる。

仏IT企業アトス(ATOS)は数年前に、社内での電子メールの使用を完全に取りやめることにした。世界各地に数千の従業員を擁する企業としては、かなり勇気ある行動だ。そして、同社CEOはこれを推し進めるため、幹部社員の会議の15%をこの問題に関する協議にあて、管理職数千人に研修を受けさせ、同じ目標を掲げる他社の500倍の金額を注ぎ込んだ。

その結果、同社は社内メールの60%削減を実現。営業利益を1%増やした。

2. 現状維持

社内の電子メール使用に関する方針を見直すというのは、一つの考え方だ。だが、従業員らは業務上、社外の人とも連絡を取る必要がある。そのためには、メール以上に適した方法はない。

1/2ページ

最終更新:6/24(金) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。