ここから本文です

【リオ五輪代表】手倉森監督からの“愛の檄”に静かに燃える中島翔哉。「何番でも活躍すれば変わらない」

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 6:00配信

「自分だけにメッセージがあったのは、五輪で力を必要としてくれているからだと思う」

 6月20日に行なわれたキリンチャレンジカップ2016(対U-23南アフリカ代表/6月29日19時30分キックオフ)のメンバー発表会見でのこと。右膝内側側副靭帯損傷で2か月ぶりの代表招集となった中島翔哉に、最終予選時の「10番」ではなく「13番」を与えた理由を問われた手倉森誠監督は、今回の選択に込めた想いをこう語った。
 
「10番に戻ったら、完全復帰かと皆さんも思うじゃないですか。まだここに来るまでに、この間の節(18日の16節・新潟戦)で15分しか出ていない選手をいきなり元に戻すわけにはいかないなと(笑)。彼が欠けていた分、矢島(慎也)が10番を背負って、ガーナ戦でもトゥーロン(国際大会)でもいい仕事をしてくれている。今の時点では、時系列から言っても矢島が10番だなと。10番に戻す力を、彼にはこの試合で表現してくれればなと思います」
 
 言うなれば、「自分の力で10番を取り戻してみろ」という 指揮官からの“愛の檄”だろうか。チーム発足からエースナンバーを託され、最も多くのゴールを重ねてきた中島は、常々「背番号はあまり意識していない」と話しつつも、「チームの立ち上げ当初からずっとつけさせてもらっているので、日本の10番としてオリンピックに出たい気持ちは強い」と、リオ五輪に関しては“こだわり”を見せている。メンバー選考とともに、背番号の行方も注目を集めるが、それらがプレッシャーになることはないという。
 
「何番でも活躍すれば変わりません。でも、(手倉森監督から)自分ひとりだけにメッセージがあったのは、期待してもらっているからだろうし、オリンピックで僕の力を必要としてくれているからだと思います。それは自分としてはプラスなこと。いつも通りサッカーを楽しんで、良いプレーをして、日本が勝てるようにしたい」

【リオ五輪代表】南アフリカ戦に挑む21人が決定。中島、室屋、鈴木らが復帰

「ゴールを決める選手、違いを生み出せる選手になりたいという、目標は変わらない」

 6月12日のJ3・藤枝戦で実戦復帰し、同週の18日にはJ1・16節の新潟戦で開幕戦以来のトップチーム出場を果たした。いずれも途中出場で、時間もまだ28分、21分とフル稼働とまではいかないが「足も痛くないし、フィジカルの状態は悪くありません。トレーニングを重ねればもっと良くなると思います」と手応えを掴んでいる。最後のアピールの場となる松本合宿においても、中島はあくまで世界を意識した“自然体”を貫くつもりだ。
 
「久々の代表ですごく嬉しいです。ただ、個人のアピールや競争も大事ですが、オリンピックも近いので、(今回の合宿で)個人もチームもより成長できればいいなと。厳しい結果に終わったトゥーロンのことを考えれば、世界で戦うことを常に頭に置いてプレーしないといけない。(五輪メンバーに)選ばれた時にどうするかをもっと考えて、個人個人がもっとレベルアップしていくことが大事だと思います。
 
 世界で勝つためには速いプレーが必要。もっと上手くならないといけないし、もっと速くプレーしないといけない。僕自身、『ゴールを決める選手、違いを生み出せる選手になりたい』という、目標は変わっていません。これまでやってきたことを、さらにこだわってやっていって、チームの勝利に貢献したいと思います」
 
 生粋の“サッカー小僧”が今、静かに燃えている。心身ともにパワーアップして戻ってきた姿をJリーグ、そして南アフリカ戦で見せてくれることだろう。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/26(日) 4:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。