ここから本文です

【リオ五輪代表】「気持ちでは誰にも負けない」――。橋本拳人がリオへの運命を切り開く

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 18:00配信

「結果につながるゴール、チームを勝利に導く活躍をしていきたい」

 リオ五輪最終メンバー18人の発表を7月1日に控え、FC東京のボランチ橋本拳人が猛チャージをかけている。ACLのラウンド16・上海上港戦から右SBとして公式戦5試合連続出場を果たすと、J1・16節の新潟戦では本職のボランチ、続く浦和戦では右サイドハーフ(試合途中に右SBにスライド)とそのポジバレント性を如何なく発揮。さらに直近3試合で2ゴールを挙げるなど、攻撃の迫力も増している。
 
「どのポジションであっても、ゴールは常に狙っている。浦和戦は運良く自分の前に(ボールが)こぼれて来たんですが、GKとの1対1とかしっかりと決められるようになったのは、自分でも成長したと感じる部分です。ただ、チームの結果が出ていない以上(編集部・注/浦和戦は2-3で逆転負け)、ゴールしても素直には喜べません。結果につながるゴール、チームを勝利に導く活躍をしていきたい」
 
 6月26日からU-23日本代表の松本合宿に合流するが、まずは第1ステージ最終節の横浜戦(日産スタジアム/19時キックオフ)に照準を絞る。
 
「浦和戦の前半は、攻守とも良い形で出来ていました。それだけに、2-0というスコアになってその後の戦い方は考えさせられるところではあったし、改めてそこが課題だと見えた。(F・マリノス戦は)勝って第1ステージを終わりたいです」
 
 手倉森誠監督は、キリンチャレンジカップ2016(南アフリカ戦)のメンバー発表の際、「拳人はボランチから後ろはどこでもできる守備のマルチプレーヤー。トゥーロン(国際大会)には連れて行けなかったので、今回もう1回トライをさせてみたい」と選出の意図を語った。5月のガーナ戦でアフリカ勢に負けないフィジカルの強さでアピールした橋本も、「非常に大事な合宿になる」と位置づける。
 
「(今年4月、5月の)2回しか呼ばれてないので、一回一回が最後のチャンスだと思ってやってきました。でも、次こそ本当に“ラストチャンス”。クラブで今やっているプレーと、代表でやらなければいけないプレーをしっかり整理して戦いたい」

【リオ五輪代表】南アフリカ戦に挑む21人が決定。中島、室屋、鈴木らが復帰

1/2ページ

最終更新:6/25(土) 1:51

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。