ここから本文です

【EURO 今日は何の日】6月24日「自ら勝利を決めた“素手”の守護神(04年)」

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 14:26配信

PK戦が7人目を迎えた時、リカルドが突然主役の座に就いた。

 EURO2004のポルトガルは、最悪のスタートを切った。
 
 開催国として、戦前の評価は出場16か国で最低だったギリシャ相手に快勝を飾り、勢いを得て以降の戦いに臨むはずが、予想以上にチーム力を上げていた相手に1-2の敗北を喫したのだ。
 
 勢いどころか、いきなりグループステージ敗退の危機すら囁かれることとなり、追い詰められたポルトガルだったが、2年前の世界王者(ブラジル)の将、ルイス・フェリペ・スコラーリの下で何とか持ち直し、ロシア、スペインを倒して首位で決勝トーナメント進出を果たした。
 
 6月24日に行なわれたノックアウトステージの初戦、つまり準々決勝でのポルトガルの相手はイングランド。試合は開始3分、マイケル・オーウェンのゴールで早くも動く。ポルトガルのミスによるものだった。
 
 しかし、これで目が覚めた開催国は、ここから攻勢に立つ。両サイドから、ルイス・フィーゴ、クリスチアーノ・ロナウドがドリブルで仕掛けてチャンスを生み出していった。
 
 それでも肝心のゴールが生まれないのは、全体的なポジショニングの拙さが原因であり、せっかく両翼がボールを送っても、中央で待ち受ける味方の数があまりに少なすぎた。
 
 そのうち、徐々にポルトガルのリズムが崩れ、逆にイングランドはカウンターから再三相手ゴールに迫った。
 
 試合は後半に入り、75分、スコラーリ監督はチャンスメイクで貢献していたフィーゴを下げてエルデル・ポスチガを投入、さらにルイ・コスタを送り出して総攻撃を仕掛けた。
 
 このギャンブルともいうべき采配は当たり、83分、こちらも交代出場のシモン・サブローサのクロスをポスチガが決めて、ポルトガルは追い付いた。
 
 シルバーゴール(延長前半終了の時点で点差があれば試合終了)方式の延長戦では、前半は両者無得点に終わったが、後半開始から5分、ルイ・コスタがドリブルからのミドルを決めて、ポルトガルが逆転する。
 
 一方、守備一辺倒だったイングランドは最後の力を振り絞って反撃に出、110分、デイビッド・ベッカムのCKから、ジョン・テリーが落としたボールをフランク・ランパードが押し込んで、執念で追い付いてみせた。
 
 こうして、試合はこの大会初のPK戦の突入。先攻のイングランドは、セットプレーのスペシャリストであるベッカムが1番手で登場し、バランスを崩して大きく枠を外す。一方のポルトガルは、3人目のルイ・コスタの蹴ったボールがクロスバーを越えた。
 
 サドンデスに入り、6人目のポスチガが技巧的なチップキックを決めた後、ポルトガルのGKリカルドが突然、キーパーグローブを脱ぎ捨て、素手でゴールマウスに立つ。そして、イングランドの7人目、ダリウス・ヴァッセルのキックに対し、見事な反応を見せた。
 
 後に彼は、グローブを脱いだ理由を、キッカーの気をそらし、集中力を削ぐため、と語っている。
 
 殊勲のリカルドは、そのままボールを手に、今後はキッカーとしてペナルティスポットに立つ。そしてゴール左隅に突き刺し、自ら勝利を決めた。
 
 ポルトガルは激闘の末に準決勝へ進出。この後、オランダにも勝利して決勝進出を果たすが、開幕戦の屈辱を晴らすためのギリシャ戦は、彼らにさらなる悪夢を見させるものとなってしまう……。
 
◎6月24日に行なわれた過去のEUROの試合
◇1984年フランス大会
準決勝
スペイン 1(5PK4)1 デンマーク
 
◇2000年ベルギー・オランダ大会
準々決勝
ポルトガル 2-0 トルコ
イタリア 2-0 ルーマニア
 
◇2004年ポルトガル大会
準々決勝
ポルトガル 2(6PK5)2 イングランド
 
◇2012年ポーランド・ウクライナ大会
準々決勝
イタリア 0(4PK2)0 イングランド
 
※日付は全て現地時間

最終更新:6/24(金) 15:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。