ここから本文です

【EURO】最年長出場記録を打ち立てたハンガリーの守護神キラーイ。ダボダボのスウェット姿なのはなぜ?

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 17:00配信

大きめのサイズを着用している理由は?

 EURO2016に参戦しているハンガリー代表の正守護神、ガボル・キラーイの長ズボン姿に目を奪われない人は珍しいだろう。
 
 ただ単にスウェットパンツ風というだけではない。色はグレーで、ネズミ色と表現してもいいだろう。どこかパジャマのズボンのようでもあり、しかもダボダボなのだ。サイズ感? まるで合ってない!! 洗練? え、何の話でしたっけ!?

【EURO2016 PHOTO】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

 気になるのは当然、理由だ。なぜ、いつから、その出で立ちなのか。EURO2016の大会公式サイトなどで、キラーイ自身のコメントが紹介されている。

 曰く、スウェット風パンツの着用を始めたのは、およそ20年前から。試合当日のピッチの状態が、ロングパンツ選択のきっかけになったのだと説明する。

「冬の試合でピッチが凍結してたんだ。ダイブしたら足を痛めちまうよ」

 ロングパンツの色は、ずっとグレーだったわけではない。最初は黒だった。ある日、洗濯が間に合わず、グレーで代用したそうだ。その試合でたまたま勝利し、それ以来、ずっと同じ色、同じサイズの着用を続けてきた。その時に穿いたロングパンツが、すでにダボダボだったのだ。

 1993年にフットボーラーとしてのキャリアを刻みはじめたキラーイは、ドイツのヘルタ・ベルリンやイングランドのクリスタル・パレスなどでも守護神を務めてきた。

「実はドイツ時代とイングランド時代に、ショーツ(ショートパンツ)を試したこともあったんだ。でも、俺には合わなかった」

「グレーでダボダボのロングパンツ」が、いつしか験担ぎのようになり、そのままキラーイの定番スタイルになったというわけだ。春夏、秋冬のシーズンなど関係なく、毎年同じようなモデルをあえて選んできた。サイズ感が合っていないのは、もちろん本人も分かっている。

「快適かどうかの問題さ。いつも大きめのサイズにしているのは、動きやすいようにだよ」
 
 キラーイと言えば、EUROの最年長出場記録更新でも話題となった。6月14日のオーストリア戦に先発し、元ドイツ代表MFローター・マテウスの39歳と91日の記録を40歳と74日に塗り替えたのだ。

 そんな大ベテランのGKを擁するハンガリー代表は、戦前の低い下馬評を覆し、44年ぶりの本大会で決勝トーナメント進出を決めた。キラーイはその立役者となっている。ポルトガル戦でもクリスチアーノ・ロナウドの強烈な直接FK――複雑に揺れるブレ球だった――を阻止するなど、最後の砦に君臨してみせた。
 
 

1/2ページ

最終更新:6/25(土) 12:31

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。