ここから本文です

【J1展望】|新潟×鳥栖|下位を彷徨う両チーム。ホーム連勝を狙う新潟はほぼベストメンバーで鳥栖を迎え撃つ

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 18:00配信

新潟――良い守備から攻撃につなげるサイクルへ持ち込みたい。

J1リーグ1stステージ・17節
アルビレックス新潟-サガン鳥栖
6月25日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
1stステージ成績(16節終了時):15位 勝点15 3勝6分7敗 18得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●FC東京戦は、シュート0本に終わった後半の攻撃に課題を残すも勝点1を獲得。
●サテライトリーグの湘南戦は、DFイム・ユファンの退場をきっかけに1-7で大敗。
●FC東京戦で頭部を負傷した舞行龍は、通常どおりのトレーニングをこなす。
 
【担当記者の視点】
 前節のFC東京戦は「6秒ルール」(GKが6秒以上ボールを保持できない反則)をきっかけに成岡の2戦連続ゴールで先制するも、後半は防戦一方に。攻守に「オーガナイズ」するのが今季のキーワードだが、1-1に追いつかれた直後にFW指宿を投入しても思うような効果が出ず、攻撃面に課題を残した。
 
 その不安を払拭すべく臨んだ翌日のサテライトリーグ・湘南戦では、逆に守備が崩れて大敗(1-7)。特に、怪我から復帰したものの20分過ぎに一発退場したCBイム・ユファンを90分テストできなかったのは大きな誤算だった。
 
 一方、FC東京戦の開始早々に頭部を打ちピッチを退いていたCB舞行龍は、すでに元気な姿を見せており、今週のトレーニングも通常どおりにこなしている。鳥栖戦での起用に目処が立ったのは朗報と言えるだろう。
 
 第1ステージを締め括る一戦の相手は鳥栖。僅差で勝利(1-0)した3月27日のルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)での対戦時と同じく、良い守備から攻撃につなげる新潟のサイクルに持ち込み、第2ステージでの巻き返しにつなげたい。

鳥栖――青木加入に燃える3人に期待。

J1リーグ 1stステージ・17節
アルビレックス新潟 – サガン鳥栖
6月25日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
サガン鳥栖
1stステージ成績(16節終了時):13位 勝点17 4勝5分7敗 10得点・14失点
 
【最新チーム事情】
●前節はG大阪に2-1で逆転勝利。今季初の連勝を飾った。
●順位は13位に浮上したが、降格圏の16位湘南とは勝点2差。今節敗れれば、降格圏に転落する可能性も。
●前節、2ゴールを奪った鎌田のパフォーマンスに期待。鹿島からの青木の加入で定位置を失う恐れがある谷口、キム・ミンヒョク、高橋が意地を見せられるか。
 
【担当記者の視点】
 前節はG大阪に逆転勝ちし、今季初の連勝を飾った。勝点を17に伸ばし、順位は13位に浮上。例年、残留の目安は「勝点40前後」と言われるなか、シーズンの折り返しとなる今節で、その半分の20まで伸ばせるかが焦点となる。相手は勝点2差の15位新潟。残留争いのライバルに敗れれば、降格圏に転落する可能性があるだけに落とせない一戦と言える。
 
 注目は前節のG大阪戦で今季初ゴールを含む2得点をマークした鎌田だ。6月29日に行なわれるU-23代表の南アフリカ戦には招集されず、7月1日に発表されるリオ五輪のメンバー入りは難しい状況となった。ただ、その悔しさをぶつける意味でも2戦連続弾に期待したい。
 
 また、今節を迎える前に、鹿島から完全移籍で青木の加入が決定した(合流は第1ステージ終了後)。CB、ボランチを務められる選手なだけに、CBの谷口、キム・ミンヒョク、アンカーの高橋は危機感を抱いているはず。定位置を守るために、今まで以上のパフォーマンスを見せて欲しい。

最終更新:6/24(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web