ここから本文です

【J1展望】|甲府×広島|“変革”を目論む広島を相手に、甲府はクリスティアーノのラストゲームで金星を奪えるか

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 18:00配信

甲府―― ベテランCB・土屋の復帰で、堅守の強度を引き上げたい。

J1リーグ1stステージ・17節
ヴァンフォーレ甲府-サンフレッチェ広島
6月25日(土)/19:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
1stステージ成績(16節終了時):17位 勝点15 3勝6分7敗 18得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●柏への完全移籍が決定したクリスティアーノは、広島戦がラストゲーム。本人は「今週は広島戦のことしか考えていない。絶対に勝ちたい」と意気込む。
●土屋が全体練習に合流。3試合ぶりのスタメンが濃厚。
●佐久間GM兼監督は、広島のP・ウタカを警戒も、「彼の守備力の弱さを突かない手はない」と、ウィークポイントを分析。
●木曜日の練習では、2トップ+3ボランチのオプションも試行。
 
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦は、クリスティアーノのゴールで先手を取りながら1-2で逆転負け。降格圏(17位)へ足を踏み入れ危機感はより一層高まっている。なにより、懸案事項の守備が不安定(失点数はリーグワースト)なのは気掛かりで、一刻も早く立て直したい。
 
 その点、左ふくらはぎを負傷していた土屋の復帰は朗報だろう。昨季から3バックの主力を担い、7月末に42歳を迎えるCBはいまだ衰え知らずで、12節の名古屋戦ではシモビッチとのマッチアップでもほぼ対等に渡り合った。
 
 体力面、さらには、怪我明けでもある状況を踏まえればフル出場は厳しいかもしれないが、豊富な経験値を誇る土屋の復帰で、堅守の強度を引き上げたい。
 
 またこの試合は、柏への完全移籍が決定したクリスティアーノにとっては甲府でのラストゲーム。「絶対に勝ちたい」という意気込みどおり、攻撃の大黒柱として十分な活躍を果たせるか。

広島――森保監督体制下、初の2トップスタートで“変革”に挑む。

J1リーグ・1stステージ17節
ヴァンフォーレ甲府 – サンフレッチェ広島
6月25日(土)/19:00/山梨中銀スタジアム
 
サンフレッチェ広島
1stステージ成績(16節終了時): 4位 勝点26 7勝5分4敗 29得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●キャプテンの青山が右ハムストリングス筋損傷で離脱。
●過去2戦でストッパーを務めた宮原が出場停止。
●森保監督就任以来、スタートからでは初の2トップ採用が濃厚。
●ボランチの森﨑和をストッパー起用、丸谷の1ボランチ体制か。
 
【担当記者の視点】
 “宿敵”とも言うべき浦和戦で今季初の逆転勝ちを収めたが、試練は続く。青山が右ハムストリングスを傷め、全治4週間。水本、佐々木が離脱した穴を埋めた宮原も出場停止。ベストメンバーを組めない状況には、森保監督も頭を悩ませているに違いない。
 
 この状況を逆手に取り、指揮官はひとつの賭けに出ようとしている。浦和戦をはじめ、過去に得点を取るオプションとして試合途中に使った2トップを、就任以来初めてスタートから採用する見込みだ。さらに、ボランチの枚数も1枚減らし、中盤のキーマンである森﨑和をストッパーに下げた布陣になる。
 
 このシステムは過去、ペトロヴィッチ監督時代の初期に採用されたが、あまり効果的とは言えなかった。だが、「当時と違って今は選手たちの守備意識も高いから、大きな不安はない」(森﨑和)、「現在のメンバーを考えた時、大きな力を発揮できる形。試合途中だけでなく、スタートからでもいけると思います」(森保監督)と手応えを口にする。
 
 根本的な戦術に変化はないが、2008年以来ひとつの形で戦ってきた広島にとっては、大きな“変革”。この挑戦が、果たしてチームにどんな化学反応を及ぼし、いかなる結果となって表われるか。

最終更新:6/24(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ