ここから本文です

【J1展望】浦和×神戸|槙野出場停止。浦和のストッパーは那須に! 神戸の強力ブラジル人2トップを止められるか

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 20:00配信

浦和――ストッパーの人選に指揮官は迷う? 宇賀神も欠場か!?

J1リーグ 1stステージ・17節
浦和レッズ – ヴィッセル神戸
6月25日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
1stステージ成績(16節終了時):3位 勝点30 9勝3分4敗 23得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●連敗ストップの1勝を神戸戦につなげる
●槙野の出場停止で代役は橋本か那須になるか
●前節決勝ゴールの李は「神戸には良いイメージがある」
●五輪代表選出の興梠、復調気配の武藤のゴールに期待
 
 
【担当記者の視点】
 リーグ3連敗を喫してステージ優勝の可能性が消滅したが、22日のFC東京戦の大逆転勝利(3-2)で悪い流れをひとまず断ち切った「ひとつ勝つことの大変さと喜びを再確認した」と森脇は語っていたが、年間勝点1位を狙うためには、もう川崎や鹿島との差を広げてはならない。ホーム2連勝で、第2ステージにつなげたい。
 
 槙野が出場停止になる左ストッパーの人選を、ペトロヴィッチ監督はかなり考えあぐねているようだ。候補者である橋本は「前線に外国籍選手もいるし、しっかりコミュニケーションを取りたい」、那須は「いつチャンスが来ても、心と身体の準備はできている。左サイドバックの経験もある」と抱負を語る。
 
 さらに試合前日試されたのが、ストッパーの右に平川、左に森脇という組み合わせだ。スピードのあるベテランの平川を置いて、カウンターを防ぐ狙いのようだ。平川は「しっかり、まず守備から入ることが大切。もちろん立ち上がりからうまく試合に入りたい。しかし、上手く行かない時の対応こそが重要になる」とベテランらしいコメントをしていた。
 
 神戸には昨季リーグと天皇杯の3試合で2勝1分。2点を決めている李は、「神戸戦にはすごく良いイメージがある」と、FC東京戦に続くゴールを狙う。
 
 また、興梠がリオ五輪日本代表のオーバーエイジに内定。「最近のプレーに手応えを感じている」と語り、公式戦11試合ぶりのゴールを誓う。また武藤も「決めてやろうという気持ちと、焦らないようにという気持ちのバランスは難しいけど、シュートを打ち続ける」と宣言していた。KLMに“当たり”が戻ってくるかが鍵を握るか。
 
                                                                                   
 

1/2ページ

最終更新:6/25(土) 17:29

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。