ここから本文です

【J1展望】鹿島-福岡|「首位」対「最下位」の対決。鹿島は勝てばステージ制覇が決定。実力どおりの結果となるか!?

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 20:00配信

鹿島――むしろ最大の懸念材料は、油断だ。

J1リーグ1stステージ・17節
鹿島アントラーズ-アビスパ福岡
6月25日(土)/19:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
1stステージ成績(16節終了時):1位 勝点36 11勝3分2敗 27得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●15年半在籍した青木の鳥栖への完全移籍が発表された。「鹿島アントラーズの一員として、あと1試合全うしたい。今はアントラーズのことしか考えずに、残り1試合を戦いたい」と福岡戦に集中した。
●試合前日のミニゲームに、石井監督の要望を受け、鹿島OBの内田、大迫が参加。「今までで一番、激しいレクリエーションゲームになった」(石井監督)と、大一番に向けて準備は万端だ。
 
【担当記者の視点】
 前節の神戸戦で逆転勝利を収めて5連勝を飾り、ついに首位に立った。ホームで迎える今節の福岡戦に勝てば、文句なしでステージ優勝が決まる。チームは高い意気込みで今週のトレーニングに打ち込んだ。
 
 福岡戦は、守備の要である昌子、貴重なチャンスメーカーのカイオが揃って出場停止で欠場する。戦力ダウンは否めないが、代役として最終ラインにはブエノ、左MFには杉本が先発する見込みで、総力戦で“決戦”に挑むことになる。
 
 もっとも、ブエノも杉本も、これまで出場機会は限られていたが、ピッチに立てば及第点の働きを見せてきただけに、大きな不安はない。土居も「全然、やれると思う。代わりに出る選手が活躍することもある」と太鼓判を押す。
 
 むしろ最大の懸念材料は、油断だ。最下位の福岡を相手に、目下5連勝中の鹿島が“負けるわけはない”という雰囲気が蔓延するなか、地に足をつけて、いかにいつもどおり戦えるかが重要になってくる。
 
 ホームの大声援もプレッシャーに感じるようだと危険だ。とはいえ、タイトルではないが、「優勝」を意識せずに戦うのも難しいかもしれない。
 
 その意味でも、緊張から解き放たれるには先制点が重要になってくる。今のチームは試合の入り方に小さな課題を抱えるが、硬くならず、序盤から飛ばしてペースを握り、その流れでリードを奪えれば、自ずと“CS出場権”を手に入れることはできるはずだ。
 

1/2ページ

最終更新:6/24(金) 20:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。