ここから本文です

【J1展望】柏×湘南|4戦ぶりの勝利を狙う柏。湘南は絶好調の端戸が4戦連続ゴールなるか

SOCCER DIGEST Web 6/24(金) 19:44配信

柏――0-3で完敗した昨季の経験を生かせるか。

柏レイソル
1stステージ成績(16節終了時):7位 勝点23 6勝5分5敗 19得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●19日に行なわれた東洋大との練習試合は1−0で勝利。
●22日、クリスティアーノの完全移籍が発表される。
●U-23日本代表に中村、中谷、伊東が選出。
●今週の練習では湘南のハイプレスに対するパスの回避を徹底チェック。
 
【担当記者の視点】
 前節の名古屋戦は連敗と連続無得点は止めたが、あと一歩のところで勝ち越すことができず、3試合未勝利となった。
 
 名古屋戦で勝ち切れなかった原因のひとつが、良いリズムで攻めている時にパスがずれ、そこで相手に流れを奪われるケースが目立っていた。
 
 今節の相手、湘南は鋭い出足で柏のパスワークにミスを生じさせ、そこから迷いなくゴールへ迫るとあって、柏が前節と同じミスを繰り返すようでは不利な展開に陥るのは明白だ。
 
「柏のパスワークと湘南のプレス」という図式が成り立つのは当然だが、湘南のサッカーをよく知る武富孝介は「横パスやバックパスよりも縦への意識を強く持ったほうがいい」と戦い方をイメージ。茨田陽生も「湘南のプレスを逆手にとるような攻撃をしたい」と話している。
 
 昨季の第2ステージ、パスに固執しすぎるあまり湘南のプレスによってミスを頻発し、0-3で完敗した経験を今季の対戦で生かせるか。

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

湘南――大竹、山田、長谷川も好調。初の“H&A連勝”で降格圏から脱出だ。

湘南ベルマーレ
1stステージ成績:(16節終了時):16位 勝点15 4勝3分9敗 17得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●高速ウインガーのブラジル人FWウェズレーが合流!!
●通算2ゴールを奪ったパウリーニョが松本に移籍。
●サテライトリーグ新潟戦は7-1大勝。山根ハットトリック。山田、長谷川も得点。
●スタメン変更なし? 好調な大竹、山田、長谷川が加わる?
●神谷がU-19日本代表のアメリカ遠征メンバーに選ばれる。
 
【担当記者の視点】
 6月19日のサテライトリーグ新潟戦では、山田の先制点を皮切りに7得点のゴールショーを演じた。山根がハットトリック、さらに齋藤、長谷川も決めた(あと1点はオウンゴール)。また大竹も復活を印象付ける好プレーを見せただけに、誰かしらがメンバーに食い込んできそうだ。
 
 もちろん、1-0の勝利を収めた前節の磐田戦のメンバーも、質の高いパフォーマンスを見せた。特に石川&下田のボランチと守備陣の連係がよく、6試合ぶりの無失点に抑えている。そのセンターゾーンに変更はないか?
 
 一方の攻撃陣では、CFに固定される端戸に4試合連続ゴールの期待がかかる。様々な経験を力に替えて成長を遂げているだけに、爆発も期待できる。
 
 昨季の柏戦は、2試合とも白熱の攻防が演じられた。それだけに今回も好ゲームが期待できる。ここでなにかを掴み、同時に勝点3も持ち帰って、まずJ2降格圏を脱出したい。狙うは今季初の“ホーム→アウェー”連勝だ。
 
 U-19日本代表に選出された神谷は、柏戦のあと出発。6月29日にパナマ、7月1日にコスタリカ、3日にアメリカの各U-19代表と対戦する。
 

最終更新:6/24(金) 19:49

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。