ここから本文です

マイケル・ジャクソンの追悼企画展が開催:命日に彼の愛した「ひまわり」を捧げよう

ローリングストーン日本版 6/24(金) 14:00配信

命日に、マイケル・ジャクソンが愛した「ひまわり」を捧げ、ホログラムシアターでMJと踊ることができるという追悼イベントが開催。



"キング・オブ・ポップ"マイケル・ジャクソンがこの世を去って7年が経つ。もし生きていたら、57歳を迎えている。今年は、多くのロック・レジェンドの訃報が相次ぎ、世界中の音楽ファンが悲しみとともに、彼らの遺した素晴らしい音楽を聴いていることだろう。マイケルもまた、永遠にレジェンドであり続ける一人だ。命日でもある6月25日に、マイケルの追悼イベントが都内で開催される。

お台場にある体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」にて、マイケル・ジャクソンの 命日に合わせ「MICHAEL JACKSON FOREVER」と題し、6 月 23 日(木)から 6 月 26 日(日)の 4 日間、追悼企画展を行う。

生前マイケル・ジャクソンは、「ひまわり」を"ハッピーフラワー"と呼んでおり特に気に入っていた花だったという。会場には、300本のひまわりを使用した花絵装飾を用意。来場者は自身のメッセージを書いた、ひまわりのフラワーポットを等身大のマイケルに添えることができる。270本限定で用意されたひまわりは、最後には570本となり、生きていたら57歳を迎えるというマイケルへ捧げるスペシャル企画だ。

また、日本のマダム・タッソーのオリジナルアトラクション『HOLOGRAM DANCE THEATER ~CELEBRITY&YOU~』に、6月25日(土)からマイケル・ジャクソンの演目が加わる。『HOLOGRAM DANCE THEATER』は、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マリリン・モンロー、レディ・ガガ、ビヨンセ等の身大フィギュア達と、3D ホログラムシアターの映像内で共演できるという体験型アトラクションだ。
今回新たに加わる、マイケル・ジャクソンの演目では、 『ビリー・ジーン』時代の衣装をモチーフに、『スリラー』、『今夜はビート・イット』『スムーズ・クリミナル』の楽曲に合わせて、マイケルと映像内で共演できる。

今年の命日は、等身大のマイケル・ジャクソンと共に、彼を偲び、そして改めてレジェンドの魅力を再発見してみてはいかがだろうか。

マイケル・ジャクソン追悼企画『ひまわりインフィオラータ』
会場:マダム・タッソー東京
営業時間: 10:00~20:00(最終入場 19:00)
展示期間: 6月23日(木)~26日(日)
ひまわりメッセージポッド配布期間:6月24日(金)・25日(土)・26日(日)
※270本の数量限定
https://www.madametussauds.jp/ja/

RollingStone Japan 編集部

最終更新:6/24(金) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ