ここから本文です

気持ちを添える作りおき~車麩の南蛮漬け

東京ウォーカー 6/25(土) 21:30配信

野菜中心かつ冷やして保存する作りおきおかずは、副菜として添えることが多くなる。しかし、作りおかずの中でも主菜に躍りでる食材なのが、車麩。お吸い物など、わき役的イメージの強いお麩だが、実は植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、肉や魚の代わりにもなる。マクロビオティック(穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした食事)専門の料理店では、車麩を天ぷらやデザートにしていたりする。忙しくいと主菜を作るのが難しいことも多いので、副菜にも主菜にもなる車麩の作り置きおかずを作ることはオススメだ。

【写真を見る】<本日の献立>車麩の南蛮漬け、オクラのゆず胡椒浸し、蓮根の味噌きんぴら

<材料>A(車麩(ミニサイズ)10個、人参1本、ピーマン2個、玉葱1個)、B(めんつゆ大さじ3、酢大さじ3、醤油大さじ2、水大さじ3、しょうが(チューブ)小さじ1、砂糖大さじ1)、みょうが2個、大葉2枚

<作り方>(1)車麩を水に15分浸して戻した後、軽く絞りフライパンに胡麻油をひいてこんがり両面を焼く。(2)Aを細切りし、水大さじ1をかけレンジで2分加熱する。(3)Bを合わせ、(1)(2)を浸し、みょうがと大葉を散らす。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/25(土) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。