ここから本文です

綾野剛、過激な主演作に「公開できるのは非常に重要」

Smartザテレビジョン 6/25(土) 22:30配信

綾野剛主演映画「日本で一番悪い奴ら」が6月25日に全国公開を迎え、公開初日舞台あいさつに主演の綾野、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督のチーム日悪”が登場。公開を祝して「日本で一番大きい!?鏡開き」が行われた他、撮影の裏話や、際どい発言の連続に会場は大いに盛り上がった。

【写真を見る】綾野剛のヤバ過ぎる姿が話題の本作がいよいよ公開!

映画そのままに“ホンモノ感”が漂うスーツに身を包んだ綾野は「朝からこのような問題作を見ていただきましてありがとうございます」とあいさつ。続く植野は「ハイ、皆さんグッドモーニングです」とまさかの英語でのあいさつをし、綾野はすかさず「英語話せないでしょう!」とツッコミ。

続けて「インド人じゃないの?」と植野に問い掛けると「僕、パキスタン!」と激高する劇中の“お約束”シーンを再現。上映後の舞台あいさつだけあって、観客が反応よく爆笑する様子に綾野と植野は満足そう。

さらに白石監督も「今回、公開後初めての舞台あいさつなのでいろいろぶっちゃけます!」と気合のあいさつで、観客の笑いを誘っていた。

日本警察史上最大の不祥事を基にした本作。綾野は集まった観客に向けて「この作品は意外と笑えましたか?」と問い掛けると、満足した観客から大きな拍手が。その反応にピエール瀧は「ほんと、皆さん不謹慎ですね(笑)」と観客にツッコミを入れる場面も。

続けて撮影時の思い出について聞かれたYOUNG DAISは「綾野さんがリードしてくれて、普段から撮影内外で作っていただいたコミュニケーションのおかげでとてもいい現場でした」と“座長”である綾野をねぎらった。

続けて関東一のヤクザのドンを演じた木下は役作りの研究のために新宿を歩いていたが「本当に怖い人がたくさんいて怖かった」と、役柄に似合わないまさかの発言。役とリアルの違いを実感していた。

そして映画の全国PRに出掛けていたという植野に、綾野は感謝を述べつつも、その様子を見ていたようで「ふざけていたでしょ!?」とツッコミを入れていた。さらに、舞台上では今作で植野が演じたパキスタン人役を白石監督の自宅近くのインドカレー屋の店員とギリギリまで迷っていたエピソードに、会場からは笑いが漏れる。

そんな植野はPRで訪れていた劇場で70歳くらいのおじいさんから「ことし一番期待している」と言われたエピソードを披露すると、綾野らチーム日悪の面々も喜びを隠しきれないよう様子だった。

続けて、お気に入りのシーンに質問が及ぶと、植野は綾野との刃物を使ったアクションシーンを挙げ、舞台上で再現を披露。撮影当時、けがをしないように何度も段取りを重ねたにもかかわらず、本番では植野が段取りを無視した動きをしてしまったそうで、植野の突進を避けるところを実際は3回ほど切りつけられていたと、詳細な解説を行うと場内から笑いが。

そのアクションシーン後の過激なせりふは、実は綾野の本音だった裏話を披露するとこの日一番の笑いが起こった。そんな個性豊かなキャストを束ねた白石監督は「この作品は完全に役者の映画、役者が輝いてなんぼ。悪い人たちを演じ、舞台に上がっている役者さんたちが輝ける作品になった」と、チーム日悪の面々をねぎらった。

イベントの最後には、「日本で一番大きい鏡開き」が行われた。直径が2m40cmの巨大な樽が運び込まれると、綾野は驚いた様子を浮かべながら「鏡開きは初めてです」とまさかの初体験を告白。

チーム日悪の面々が小槌を持ち、観客らの「日悪ー! 大ヒットー!」の掛け声とともに勢いよく小槌を振り下ろすと、日本酒ならぬ、何百丁もの拳銃が。劇中、チーム日悪が押収した拳銃を目の前に、綾野たちは笑いを浮かべながら拳銃を手に取り、マスコミ向けの写真に収まる姿は異様な“ホンモノ感”が漂っていた。

最後に綾野は「社会が自主規制、コンプライアンスだとか潔癖症になっている中で、こうした作品が公開できるのは非常に重要です。皆さんでつないでください!」と呼び掛けると会場から大きな拍手が起こり、舞台あいさつは大盛り上がりで終了した。

最終更新:6/25(土) 22:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集