ここから本文です

ディズニーリゾートはリピーターが9割! 「ディズニーシー」にどうして大人もハマるのか?

BEST TIMES 6/25(土) 19:00配信

日本が誇るディズニーのテーマパークといえば、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。アルコールが楽しめる事も影響してか、特に大人世代には東京ディズニーシーの支持率が高く、リピーターも多い。どうして子供だけでなく、大人も夢中になるのだろうか?  両パークに十数年にわたって通い、新刊『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』を発売するディズニーブロガーのみっこさんに、ディズニーシーの魅力についてご寄稿いただいた。

 誰もが知る国内最大のテーマパーク「東京ディズニーリゾート(以下、TDR)」。あまり興味がない方や、詳しくは知らないという方でも、これまでに一度や二度は友人、パートナー、家族と訪れた事があるのではないだろうか。
 事実、TDRは訪れるゲスト(来場者)の90%以上がリピーターであるというデータもある。単なる「遊園地」の枠を超え、幅広い年代のゲストが楽しめる場所としての認知度は高い。
 東京ディズニーランドはこの4月で開園から33年を迎え、東京ディズニーシーは9月に15周年を迎える。現在アニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」が開催されているシーには、連日多くのゲストで賑わっている。平成27年度の総入場者数(両パーク合計で3,019万人)からおおよその推測を立てると、単純計算で両パークに、一日平均で約8万人が来園している事になる。

◆ディズニーランドとディズニーシー、何が違う? 
 「ディズニーランド」というと、ミッキーマウスやキャラクターがたくさん登場する「賑やかで明るいテーマパーク」というイメージが強いだろう。キャラクターいっぱいの夢の国、というのも悪くはないのだが、「リアルな現実世界」で生きている大人の方は抵抗を感じるかもしれない。
 賑やかなイメージとは一線を画す世界観が楽しめるのが、東京ディズニーシーだ。よく「ディズニー=夢の国」と表現されるふたつのパークだが、実は微妙な違いがある。「夢と魔法の王国」が、東京ディズニーランド。それに対し、東京ディズニーシーは、「冒険とイマジネーションの海へ」というコンセプト。
 ディズニーランドはディズニー映画やアニメーションの中の「夢」や「魔法」といった非現実世界の延長であり、その「追加体験」ができる、という世界観。一方で、ディズニーシーではそれらの考えの「ひとつ先」を行った、冒険心や想像力というキーワードがテーマになっている。
 そのため、ゲストの想像力を掻き立てるような、「非常に綿密に作られた物語」がディズニーシーのアトラクションには作りこまれている。
 例えば、人気のフリーフォール型アトラクション「タワー・オブ・テラー」は、アメリカ・フロリダにある「ディズニーワールド」にある同名アトラクションを踏襲したものだが、実はそのストーリーは全く異なっている。ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」に隠された物語は、日本だけの「完全オリジナル版」なのである。
 その物語を要約すると、以下のような内容になる。傲慢な大富豪が「怪しい像」の呪いによって、エレベーター内で落下、行方不明になり、ホテルが閉鎖される。歴史価値の高いホテルはその後一般公開され、ゲストはその見学ツアーに参加することになるが、呪いに巻き込まれて……というもの。
 これだけだと単純なストーリーのように思えるが、このアトラクションには恐ろしい程のこだわりが込められている。主人公の大富豪の傲慢な性格が表現されたホテル内の装飾物、歴史や主人公と登場人物との関係性、また、ホテル内の秘密の倉庫に隠されている美術品の秘密……など、それだけで本が一冊できるくらいの細かな物語が詰まっている。
 こうした部分は一度や二度、パークに行っただけではまず、知る事はできない。「単なるフリーフォールの乗り物」ではなく、相当濃く色付けがされており、何度訪れても新しい発見がある代表的なアトラクションだ。
 またディズニーランドに比べると、美しい光景や建物にも、細かい配慮がされている。例えば、夜の照明のあて方を見てみても、綿密な計算のもとに作られている事がよくわかる。

1/2ページ

最終更新:7/6(水) 18:15

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。