ここから本文です

スペインPKキッカーを巡る論議。ファンの総意は圧倒的にイニエスタ!

フットボールチャンネル 6/25(土) 7:10配信

 EURO2016、王者スペインまさかのグループ2位通過。DFセルヒオ・ラモスによる1本のPK失敗を受け、スペインでは誰がPKを蹴るべきかという論争が起こっていた。23日スペイン紙『マルカ』が報じている。

【スペイン、土壇場で2位に転落 EURO2016 最新順位表】

 1-2と敗れたクロアチア戦では、勝ち越しチャンスのPKにキッカーを自ら志願したラモスが失敗。結局この失敗が尾を引いたこともあり、そのまま敗戦。2位通過となったことでイタリアとの対戦が決まってしまい、主将のラモスはスケープゴートとされてしまった。

 そこで同紙が、今後PKは誰が蹴るべきか、というファンによるアンケートを行った結果、1位となったのが40.52%を集めたアンドレス・イニエスタである。18.54%で2位のセスク・ファブレガスに倍以上の差をつける圧倒的な支持を得た。以下、ダビド・シルバ、ラモス、アルバロ・モラタと続いている。

 長い代表キャリアを誇るイニエスタだが、意外なことにこれまで代表戦でPKを蹴ったのは1度だけということだ。それは2015年9月5日に行なわれたEURO予選の対スロバキア戦で、その時はきっちりとPK成功させている。

 試合の流れを大きく左右するPKの成否。成功しても失敗しても、このキッカーならと皆が納得のいく人選がベストなのであろう。果たして、次にスペイン代表に訪れるPKのキッカーは誰になるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/25(土) 7:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)