ここから本文です

あごから首のたるみや、二重あごをスッキリさせる「3つのツボ」とは?

OurAge 6/25(土) 15:20配信

思いのほか年齢が出やすいあごから首筋にかけてのライン。
「首から喉のたるみやシワは、手入れしている人としていない人の差は歴然と出てしまいます」と指摘するのは、東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行っている、鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピストの深町公美子さん。

「二重あごをスッキリさせたいなら、たるみ引き締めや、デコルテをきれいにする効果もある3つのツボがオススメです」
オススメの3つのツボとは、左右の鎖骨の間にある「天突(てんとつ)」、喉仏から指1本分上の「廉泉(れんせん)」、耳たぶの後ろのくぼみにある「翳風(えいふう)」だという。

「首は重い頭をいつも支えているうえに、たくさんの筋肉や骨や脈管や神経が集中していて、経絡の半分以上が流れているポイントでもあります。どのツボも、喉、顎、耳に沿ったラインをすっきりさせてくれますから、あごから首のたるみが引き締まり、細かいシワも気にならなくなりますよ」

これらのツボの刺激は、それぞれに軽く5秒くらいずつ押せばOK、と深町さん。いつでもどこでも押せるツボだから、デスクワーク中にちょっとひと休み、なんてときに押すのも良さそう。

「ツボは痛くなるほど刺激してしまうのは、かえって逆効果です。気持ちいい程度に押してくださいね」

効果を求める余りにグイグイと押しても、意味がないということ。リラックスしながらのツボ押しを習慣にしたいものだ。

最終更新:6/25(土) 15:20

OurAge