ここから本文です

「準決勝か決勝だ」シャビ、早すぎるスペインとイタリアの対戦を惜しむ

フットボールチャンネル 6/25(土) 8:10配信

 スペイン代表のEURO連覇の立役者、元代表のシャビ・エルナンデスが、現地6月27日のイタリアvsスペイン戦について、そのあまりに早すぎる対戦を惜しんでいる。24日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【前回王者スペイン、2位に転落 EURO2016 最新順位表】

 現在はカタールでプレーするMFは「この両チームがこんなに早く対戦するとは非常にアンラッキーだ。準決勝、あるいは決勝とも言うべきカードだ」と両チームの早すぎる激突を惜しんでいる。

 そして、試合の展開について「イタリアがポゼッションを望まない以上、スペインがゲームを支配する」と予想するも、「彼らは激しい戦いを好むが、これはスペインにとって最悪の相手だ。近年でこそ勝ってはいるが、いつも負けるのではと感じていた」とイタリアへの苦手意識も口にしている。

 さらにシャビは「イタリアはバルセロナに少し、そしてアトレティコ・マドリーにも少し似ている」とスペインの強豪2チームとの共通点を見出し、「かつて、チリやオランダはスペインに対し3-5-2で挑んできて、僕らは敗れた。これは、高い位置でプレッシャーをかけたいチームにとって難しいシステムだ」と同じシステムを採用しているイタリアを警戒した。

 あまりに早すぎる前回大会決勝の再現は、今大会の流れに大いに影響をもたらす一戦になりそうだ。「スペインにとっては難しい試合になる」と語るシャビの言葉通りの試合になるのだろうか。3連覇への大きな関門がやってきた。

フットボールチャンネル

最終更新:6/25(土) 9:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。