ここから本文です

納得?衝撃?「未婚女性が選ぶ理想の結婚相手」福山雅治やディーン・フジオカを抜いて1位に輝いたのは…?

Suits-woman.jp 6/25(土) 16:00配信

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」というジューンブライドが叶えられるのもあと数日。「今年の6月に結婚する夢は断たれた~」という人は、ちょっとだけ妄想を(笑)。理想の結婚相手をイメージしてみませんか?

株式会社ADDIXが、18歳以上の女性200名に「理想の結婚相手のイメージに近い有名人」を尋ねたところ、全体のランキングと未婚女性のみのランキングでは大きな差が出ることが明らかに。そこでまずは未婚女性87名のランキングからチェック!!

果たして1位に輝いたのは誰?

なんと! 並みいるイケメン俳優陣を抑えて1位に輝いたのは、個性派俳優の「大泉洋」さん。その理由は、「何をしていても面白い。家族のことを大切にしていることを前にテレビで見たから」(23~28歳女性)、「ほどよくおもしろく真面目」(36歳以上女性)、「楽しそう」(29~35歳女性)などでした。

■未婚女性に聞いた「理想の結婚相手」のイメージに近い有名人TOP6■
(※自由回答・87人中)
1位 大泉洋       3.4%
2位 福山雅治      2.3%
2位 ディーン・フジオカ 2.3%
2位 西島秀俊      2.3%
2位 谷原章介      2.3%
2位 高良健吾      2.3%

続いて、既婚者を含む女性全体に聞いたランキングをチェック!

全体ランキングの1位に輝いたのは、2015年9月に結婚したばかりの「福山雅治」さん。2位には同率で4名がランクイン。

■女性に聞いた「理想の結婚相手」のイメージに近い有名人TOP6■
(※自由回答・200人中)
1位 福山雅治      2.5%

「大好きだから」(29~35歳女性/専業主婦)
「収入もあり、爽やかで、包容力ありそうなので」(23~28歳/パート・アルバイト)
「経済力があって包容力もありやさしそうだから」(36歳以上/パート・アルバイト)

2位 ディーン・フジオカ 2.0%

「男らしい、チャラチャラしていない、頼りになりそう」(29~35歳/専業主婦)
「優しさと男らしさを兼ね備えている」(36歳以上/フルタイム勤務)

2位 西島秀俊      2.0%

「イメージ的に家庭的で誠実そう」(36歳以上/専業主婦)
「仕事にストイックで坦々とした日々を過ごしていそう。変化の少ない生活が理想なので」(29~35歳/フルタイム勤務)」
「落ち着いていて、頭が良さそうだから」(23~28歳/フルタイム勤務)

2位 谷原章介      2.0%

「イクメンで家族を大切にしているので」(29~35歳/専業主婦)
「仕事も家庭も大事にしてるので」(36歳以上/自営業・自由業)

2位 つるの剛士     2.0%

「たくさんの子宝に恵まれ、育児休暇もとって奥さんを支えているところ」(29~35歳/フルタイム勤務)
「奥さんをめちゃ大事にしているから」(36歳以上/フルタイム勤務)

6人の子どもを持つ「谷原章介」さんや、5児の父である「つるの剛士」さんなどイクメン・イケダンのイメージが強い2人も2位に。そして6位には3名が同率ランクイン。未婚女性に人気の「大泉洋」さんは全体では6位に。ちなみに今回の上位8位のうち、未婚者は「高良健吾」「齋藤工」のみでした。

6位 大泉洋       1.5%
6位 高良健吾      1.5%
6位 斎藤工       1.5%

このアンケートは自由回答であったため、回答欄にあがった名前は本当にバラエティー豊か。「タモリ」「明石家さんま」「松本潤」「井ノ原快彦」「北川悠仁」「草野マサムネ」など、芸能人だけでも芸人、ジャニーズ、ミュージシャンとさまざま。さらに「橋下徹」「小泉進次郎」「松岡修造」「林修」など幅広いジャンルの人がランキングに名を連ねたようです。

出典:「BWRITE」

最終更新:6/25(土) 16:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。