ここから本文です

北アイルランド監督、ベスト16のウェールズ戦「古き良き国内対抗戦になるように」

フットボールチャンネル 6/25(土) 9:50配信

 北アイルランド監督のマイケル・オニールはEUROベスト16のウェールズ戦を楽しみにしているようだ。24日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

【EURO2016 最新順位表】

 イギリスには1884年から100年後の1984年まで続いたブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップという英国4協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)が戦う“国内対抗戦“が存在していた。

 オニール監督はEUROの舞台でこの“国内対抗戦“が実現することを喜んでいるようだ。

 「感情なくこの試合を戦えるとは思わない。私のチームがどのような感情を持つかは想像できないし、感情はこの試合において大きな要素となる」

 「レフェリーもイングランドのセットだ(主審はマーティン・アトキンソン)。我々はこの古き良き国内対抗戦が素晴らしいものになることを願っている」とコメントしている。

 ガレス・ベイルが絶好調のウェールズを相手に北アイルランド代表はどんな戦いを見せてくれるだろうか。

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:6/25(土) 9:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。