ここから本文です

EUROで不振のマンCアタッカーをペップが直電で激励! 「私は君のために戦う」

Football ZONE web 6/25(土) 18:48配信

イングランド代表で波に乗れず、批判を浴びるスターリング

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ新監督が、欧州選手権(EURO)でブーイングに苛まれているイングランド代表FWラヒーム・スターリングの不振脱出のために、直接激励していたことが分かった。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 スターリングは16強進出を決めたイングランドで期待通りのパフォーマンスを見せることができず、サポーターから大きな批判を受けている。

 記事では「バイエルン時代にスターリング獲得を検討したグアルディオラは、スコアレスドローに終わったスロバキア戦を前に、長時間の電話で称賛した。21歳は予選B組のロシア戦とウェールズ戦での不安定なパフォーマンスで先発から外されていた」とレポートされている。

 スペイン人の名将はネガティブな思考を止めること、そして、英フットボール界で際立ったクオリティーを持つ若手の1人であることを、本人に言い聞かせたという。

「君がいい選手であることは知っている」

「私のために努力する限り、私は君のために戦おう。前を向いて、悩むな。君がいい選手であることは知っている。私の計画の重要なパートを占めているんだ」

 今季開幕前に4900万ポンド(当時のレートで約93億円)という英国史上最高額の移籍金でリバプールからシティに移籍した若武者は、「金の亡者」などと世間の批判を受けた。風当たりは強いが、バルセロナ、バイエルンでタイトルを積み上げたカリスマ指揮官は、スターリングの自信回復に一手を打ち、巧みなマンマネジメント能力を見せつけている。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/25(土) 18:48

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。