ここから本文です

鹿島、7年ぶりリーグタイトル! 川崎Fとのデッドヒート制し1stステージ優勝

フットボールチャンネル 6/25(土) 21:04配信

【鹿島 2-0 福岡 J1 1stステージ最終節】

 明治安田生命J1リーグ1stステージ最終節が25日に全国各地で行なわれた。

【鹿島アントラーズ優勝! J1リーグ1stステージ最終結果表】

 優勝を争う鹿島アントラーズと川崎フロンターレは、それぞれホームでアビスパ福岡と大宮アルディージャと対戦した。首位鹿島と2位川崎Fの勝点差はわずかに「1」。鹿島が引き分け以下で川崎Fが勝利すれば、川崎Fが逆転で優勝する。

 先にゴールを決めたのは川崎F。22分に中村憲剛のパスから大塚翔平が決めて先制する。一時的に川崎Fが勝点で鹿島を上回る。

 しかし直後の27分、鹿島も先制に成功する。コーナーキックから山本脩斗が強烈なヘディングを突き刺した。さらには37分にショートカウンターから土居聖真が追加点を決めた。

 一方の川崎Fは56分に中村憲剛が追加点を奪う。鹿島、川崎Fともに2-0とリードを広げる。そのまま鹿島対福岡、川崎F対大宮はともに2-0で終了。この結果、鹿島の1stステージ優勝が決定した。

 鹿島は2009年以来となるリーグ優勝。名門復活の狼煙をあげた。

【得点者】
27分 1-0 山本(鹿島)
37分 2-0 土居(鹿島)

フットボールチャンネル

最終更新:6/25(土) 21:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。