ここから本文です

宇佐美、ドイツ移籍で再びG大阪に別れ「僕は永遠にガンバファン」

フットボールチャンネル 6/25(土) 22:44配信

【G大阪 3-3 名古屋 J1リーグ1stステージ最終節】

 明治安田生命J1リーグ1stステージ最終節が25日に行なわれ、ガンバ大阪はホームで名古屋グランパスと対戦した。

【鹿島アントラーズ優勝! J1リーグ1stステージ最終結果表】

 この試合を最後にドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルク移籍が決定している宇佐美貴史。背番号39でサポーターへの感謝を示し、試合後のセレモニーに臨んだ。

「ガンバの選手ではなくなりますが、永遠にガンバファンで、みなさんと同じです。心から皆さんを愛しています」

 2005年にG大阪のジュニアユースに加入し、2009年にトップチームデビューを果たした。その後、2011年に名門バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍を果たすも、出場機会を得ることができずに冬の移籍市場でホッフェンハイムに移籍。2013年にG大阪に復帰した。

 今回の移籍で再び欧州サッカーへ挑戦する宇佐美。同選手のリベンジに注目が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/25(土) 22:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。