ここから本文です

【EURO展望】スイス×ポーランド|エムボロか、レバンドフスキか。CFの出来が勝負を分ける

SOCCER DIGEST Web 6/25(土) 11:00配信

崩しの局面は迫力に欠け、決定力不足に喘いでもいる。

EURO2016
ラウンド・オブ16
6月25日(土)/15:00(日本時間22:00)/サンテティエンヌ
スイス×ポーランド
主審:マーク・クラッテンバーグ(イングランド)
 
【注目ポイント】
●エムボロがポーランドの堅守をこじ開けられるか
●不調のシャキリの奮起
●レバンドフスキを活かし切れるか
 
【試合展望】
 グループステージ3試合の平均ボール支配率が出場24か国中4位タイの58%を記録したスイスが、ポーランド相手にも主導権を握って戦うのは間違いない。
 
 とはいえ、崩しの局面はエースのシャキリの不調もあってやや迫力に欠け、3試合で奪ったゴールはわずか2と決定力不足に喘いでもいる。
 
 決定機をことごとく外し、その一因となったCFセフェロビッチは第3戦に続いてベンチスタートが濃厚で、1トップに起用されそうなのがエムボロだ。
 
 この19歳の超有望株が、パズダンとグリクの2CB、セントラルMFのクリホビアクらを軸にグループステージを無失点で切り抜けたポーランドの堅牢をこじ開けられるか。サイドアタックの肝となるシャキリの奮起を含めて、史上初の8強入りへの鍵となる。
 
 対するポーランドもここまで2得点と、決定力が課題。対戦相手から徹底マークを受けるレバンドフスキは下がってボールを受けるケースが多く、今大会ノーゴールと本領を発揮し切れていない。ただし、調子自体は悪くなく、ゴール前でマークが外れた際は脅威となっている。
 
 サイドハーフの個人技は十分以上のクオリティーで、スピードを活かした速攻も高い機能性を見せている。あとはチャンスをフイにするなどミスが目立つFWミリクら、サポーティングキャストがレバンドフスキに良い形でボールを預けられるか。それができれば、勝機が見えてくる。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

EURO2016選手名鑑Web総勢ࠚ版552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

 

 

 

最終更新:6/25(土) 11:00

SOCCER DIGEST Web