ここから本文です

【J1採点&寸評】鹿島 2-0 福岡|“ツボ”を得たプレーで勝利に導いた鹿島の背番号40がMOM。2トップも質の高いプレーを披露。

SOCCER DIGEST Web 6/25(土) 15:43配信

鹿島――貴重な先制点を挙げた山本、スムーズに組み立てた柴崎も「6.5」。

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
相変わらず試合の入り方は不安定だったが、15分過ぎから持ち直し、セットプレーから山本のゴールで先制すると、土居が続き、前半だけで2点のリードを奪う。後半はゴールこそなかったが、ゲームを完璧にコントロールし、盤石の強さでステージ制覇を成し遂げた。

【鹿島 2-0 福岡 PHOTO】山本、土居のゴールで貫禄の第1ステージ優勝!

福岡 5.5
意図する形で相手ゴールへ迫る場面もあったが、最終局面での精度不足に泣いた。第2ステージに向け、容易く隙を突かれた守備面も改善が不可欠だろう。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
ハイボールやクロスを危なげなく処理。後半途中のダニルソンの強烈FKも難なくキャッチ。終始安定したセービングで完封勝利に貢献した。
 
DF
22 西 大伍 6
流れを切るイージーなミスもあったが、鋭い読みで福岡の組み立てを寸断し、前線を走らせるパスも供給。遠藤との連係も問題なし。
 
23 植田直通 6
ウェリントンとのエアバトルではやや苦戦。ただ、地上戦では球際で粘り強く、相手を自由にさせず、ハードな守備でクリーンシートを達成した。
 
17 ブエノ 6(90+4分OUT)
昌子の出場停止を受け、CBで先発。ビルドアップでは課題を残す内容も、身体を張ったスライディングなど1対1での強さを存分に披露した。
 
16 山本脩斗 6.5
序盤から攻撃の比重が高く、柴崎のCKからヘッドで貴重な先制点を叩き込む。本職の守備でも隙がなく、攻守両面で頼りになる存在だった。
 
MF
10 柴崎 岳 6.5
高精度のCKから山本の先制点をアシスト。3列目から一気に攻め上がるタイミングは抜群で、的確なサポートでボールの流れもスムーズに。永木投入後は左MFでプレー。
 
40 小笠原満男 7 MAN OF THE NATCH
常に周囲に指示を出し、チームを鼓舞。優れた危機察知能力で相手からボールを奪い取り、局面を変える正確なサイドチェンジも。大一番で“ツボ”を心得たパフォーマンスで勝利を手繰り寄せ、攻撃でも守備でも存在感を発揮した。
 
25 遠藤 康 6(90+1分OUT)
嫌な流れのなか、相手のファウルを誘い、FKを獲得してチームを落ち着かせるなど、頭脳的なプレーが光る。スペースへの正確な縦パスで攻撃を加速させた。
 
32 杉本太郎 5.5(77分OUT)
5試合ぶりのスタメン出場も、ゲームの流れに上手く乗れず、前半はほぼ見せ場はなし。後半はプレーに絡む場面は増えたが、65分に訪れた決定的なチャンスは決め切れなかった。
 
FW
8 土居聖真 6.5
4試合連続で2トップのコンビを組む金崎のアシストから、追加点をゲット。精力的な前からの守備でも高い貢献度を示した。
 
33 金崎夢生 6.5
ダニルソンをかわして土居のチーム2点目をお膳立て。SBからの縦パスを引き出す鋭い動き出しは見事だった。
 
交代出場
MF
6 永木亮太 -(77分IN)
ボランチで途中出場。パスのコントロールが定まらないシーンもあったが、タイトなディフェンスで中盤の守備力をキープした。
 
FW
9 ジネイ -(90+1分IN)
小笠原からのロングパスをヘッドで合わせネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定。青木とともに、この試合を最後に、鹿島を去ることに。
 
DF
5 青木 剛 -(90+4分IN)
試合終了間際にピッチに登場。プレータイムはほんの数秒だったが、3万人を超す大観衆のなか、大きな拍手とともに鹿島でのラストマッチを飾った。
 
監督
石井正忠 6.5
昌子、カイオを欠くなかでも、盤石の采配で勝利へと導く。最後は今夏でクラブを去るジネイと青木を途中出場させ、最高の形で第1ステージを制した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

1/2ページ

最終更新:6/26(日) 8:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。