ここから本文です

【G大阪】主役の宇佐美はラストゲームで2得点に絡む活躍。移籍セレモニーでは“感謝の涙”

SOCCER DIGEST Web 6/25(土) 21:06配信

54分に素晴らしいFKから金の勝ち越しゴールをお膳立て。

[J1第1ステージ17節]G大阪×名古屋 6月25日/市立吹田サッカースタジアム
 
 アウクスブルク(ドイツ)への移籍が決まった宇佐美にとって、市立吹田サッカースタジアムでの名古屋戦はG大阪でのラストゲームとなる。前節の鳥栖戦まで3戦連発中ということもあり、背番号39のエースは「ラストを勝利で締めて、自分も点を取って笑顔で(アウクスブルクに)行ければと思う」と気合い十分だった。

【PHOTO】宇佐美貴史、国内ラストマッチ&涙のセレモニー


 
 迎えた名古屋戦、スタンドのサポーターがパネルで「39」の文字を作るなか吹田スタジアムのピッチに入場した宇佐美だが、自らチャンスを作る前に名古屋に先制(3分)されてしまう。川又に豪快なシュートを決められると、宇佐美は苦笑いを浮かべていた。
 
 名古屋の手堅い守備にスペースを見出せない宇佐美は、その後もシュートチャンスになかなか絡めない。しかし、前半終了間際の44分にようやく左サイドからドリブルで持ち込んで際どいシュート。これは枠を捉えなかったが、その直後、右SBの米倉のクロスからパトリックが落としたボールを阿部がゴール正面から右足で丁寧に叩き込み、G大阪が1-1の同点に追いついた。
 
 そして後半、51分に素晴らしい単独ドリブルからフィニッシュした宇佐美は、その3分後のセットプレーで絶妙のキックから金の勝ち越しゴール(ヘディングシュート)をアシスト。67分に矢野のクロスから川又に再びゴールを許し、2-2のタイスコアになったが、宇佐美は80分にゴール正面からシュートを放つなど勝利を目指して果敢に戦った。
 
 終盤の88分には宇佐美のFKから最後はこぼれ球を今野が蹴り込み、3-2と勝ち越すものの、直後にまさかの被弾。慌ただしい展開となった試合は結局、3-3の引き分けに終わった。
 
 壮絶な打ち合いとなった名古屋戦でゴールこそなかったが、宇佐美は2得点に絡む活躍。試合後のセレモニーでは“感謝の涙”を流した。
 
 
 

最終更新:6/25(土) 23:39

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。