ここから本文です

歌詞をつくるなら?男の『トリセツ』TOP10

R25 6/26(日) 7:01配信

西野カナの『トリセツ』。女子が「恋人にこう扱ってほしい!」と思う詳細な希望を歌詞にして、ロングヒット曲となっている。しかしその内容は、オードリーの若林正恭が、歌詞のような希望に対応できるのは「ガンジーしか無理!」とツッコんだように、男にとっては難問ばかり。僕らの希望も聞いてほしい! ということで、20~30代男性会社員200人(恋人がいたことがある)に、「男のトリセツ」についてアンケート調査した(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈わかってほしい! 男のトリセツTOP10〉

(14項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 「定期的にホメると長持ちします」 188pt
2位 「仕事頑張ったことに気づいてあげましょう」 129pt
3位 「たまには1人にしてね」 124pt
4位 「こまめに連絡しなくても許してあげましょう」 99pt
5位 「下手でも手料理がうれしい」 85pt
6位 「くさいって言わないで」 84pt
7位 「太ったとか言わないで」 76pt
8位 「急にデートが面倒くさくなることがあります」 71pt
9位 「髪がうすくなったとか言わないで」 63pt
10位 「飲みすぎても広い心で受け止めて」 56pt

※番外
11位 「なんでもない日のちょっとしたセクシーな下着が効果的です」 55pt

西野カナの歌詞をもとに、編集部で「男の希望」的な選択肢を作成したところ、もっとも支持を集めたのは「ホメられたい」という項目。男たちの本音は、以下の通り!

●1位 「定期的にホメると長持ちします」 188pt
「うれしいから。一緒にいて自信が持てるから」(24歳)
「単純にやる気になる」(28歳)
「時々は褒められた方が嘘でも気分は良くなるので長続きすると思う」(37歳)
「褒められると伸びるタイプ」(28歳)
「褒めて伸びるタイプだから」(31歳)
「褒められると伸びるタイプだから」(37歳)

●2位 「仕事頑張ったことに気づいてあげましょう」 129pt
「たまにはねぎらってほしい」(33歳)
「一日の頑張りが報われたようでうれしい」(27歳)
「認めてほしい」(30歳)
「仕事にやりがいを感じていたりするから」(29歳)

●3位 「たまには1人にしてね」 124pt
「少しはだらだらしたい」(24歳)
「やっぱり自由な時間がほしい」(32歳)
「友人と遊んだり一人で過ごしたい気持ちが常にある」(33歳)

●4位 「こまめに連絡しなくても許してあげましょう」 99pt
「めんどくさくなることがある」(28歳)
「適切なタイミングをお互いにさぐりあっていけるようになりたい」(34歳)
「しなくても元気でいるし、相手のことを忘れてはいない」(31歳)

●5位 「下手でも手料理がうれしい」 85pt
「気持が伝わってくるのが一番。中身は二番」(30歳)
「自分のために何かしてくれるのがうれしい」(30歳)
「自分のためにつくってほしい」(35歳)

1位へのコメントには大量の「ホメられて伸びるタイプ」からの声が。このランキングを歌詞にしたら、少なくとも男性陣からは大いに共感を得られそうだ。

彼氏のいる女子たちは、ぜひ参考にしてほしい!

(梵 将大)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/26(日) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。