ここから本文です

フランス映画祭開幕を記念したレセプションでルノー車が活躍

東京ウォーカー 6/26(日) 6:31配信

6月24日(金)、東京・西麻布のフランス大使公邸にて、有楽町で開催中のフランス映画祭2016の開幕を記念したレセプションが行われた。

【写真を見る】ルノーを前に、マルト・ヴィラロンガも上機嫌

席上、およそ10年ぶりに来日し、かつ訪日団の団長フランスの名女優イザベル・ユペールが挨拶。「フランス映画と日本映画は通じるものがあると思っています。そのためか、私自身、日本に来るたびに故郷に帰ってきたという気分になります。」と挨拶した。

乾杯の音頭を取った是枝裕和監督も「自分はフランス映画が好きでよく見ています。映画という共通の言語によって、両国がもっと親密な関係になることを望みます」と語った。

レセプションは非常に和気あいあいとしたもので、言葉の壁を超えて映画について語る姿が印象的であった。

このレセプションにて、フランスの自動車メーカー、ルノーが大活躍!映画祭の会場である有楽町からフランス大使館まで、訪日した名優達をエスコートしたのは、同社のコンパクト クロスオーバーであるキャプチャーだ。

同社と映画との関わりは、映画発明家リュミエール兄弟の第1作目にルノー車が使われて以来、110年以上の長い歴史をもっている。今年5月に開催された第69回カンヌ国際映画祭では300台を超えるルノー車が公式車両として使用され、多くの著名人をレッドカーペットまで届けた。その他にも、同社はフランス国内で数多くの映画祭に協賛しており、今回のエスコートもそれにちなんだものだ。

フランス文化を語る上で欠かすことができない映画。フランス映画祭2016は6/27(月)まで行われている。【東京ウォーカー】

最終更新:6/26(日) 6:31

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。