ここから本文です

田辺奈菜美、ONEPIXCELリリイベでツンデレる?

Smartザテレビジョン 6/26(日) 20:52配信

ガールズユニット・ONEPIXCEL(ワンピクセル)が1stミニアルバム『ZERO』をリリース。6月26日に東京・タワーレコード渋谷店で発売記念イベントを行った。

【写真を見る】ななみん、鹿沼亜美にツンツン?

ONEPIXCELは傳彩夏(でん・あやか、15)、狐塚来愛(こづか・らいあ、16)、鹿沼亜美(かぬま・あみ、16)、田辺奈菜美(たなべ・ななみ、16)の4人組。'15年9月に結成され、これまで単独ライブや対バンライブなどを行ってきた。

今回リリースされた『ZERO』は、'16年夏の本格始動に向けた“前哨戦”となる作品。イベントでは「SAKURA SAKU」「Cinderella Girl」「RUN」「YEAAAHHH!!!!」など『ZERO』の収録曲を中心に、全8曲を披露した。

イベント後の囲み取材では、『ZERO』発売を迎えて田辺が「たくさんの人に聴いてもらえたらいいなって思っています」と笑顔を見せる。

また、初のCDリリースということで「率直にうれしいです。CDを渡された時『これ、自分?』って思いました」(鹿沼)、「売っているところを見てないので、まだ信じられなくて」(傳)とそれぞれ喜びを隠せない様子。狐塚は「やっとここまで来た!という感じです」と満足げに語った。

“聴いてもらいたい曲”について聞かれると「『Cinderella Girl』です。ワンピクの中ではかわいい曲だし、みんな頑張って高い声を出しているので」(田辺)、「『RUN』です。聴いていて格好いいなと思います」(鹿沼)、「『YEAAAHHH!!!!』は一番最初に練習した曲なので、思い出深いです」(傳)、「格好いい曲が好きなので『RUN』」(狐塚)とそれぞれ紹介。

さらに、今後の目標について鹿沼と傳は「野外の大きな会場でライブをやりたい!」と声をそろえた。

この日のライブMCで「ななみん(田辺)、ツンデレなんですよ」(鹿沼)、「意外と“かまちょ”(かまってちょうだい)だよね」(傳)と暴露された田辺。「かまちょなツンデレ。カワイイ!」と話す鹿沼にツンツンして見せるが、鹿沼に「これが、ななみんの愛情表現?」と聞かれると「否定しないよ」とデレる一幕も。

囲み取材でも、鹿沼に「ななみんは意外と“かまちょ”。(普段は)ツンツンしてるのに、こっちが『いいや』ってなると『ねえ、構って』みたいな」とバラされ、傳にも「肘とか地味な所をつまんでくるんですよ」と明かされていた。

最終更新:6/26(日) 20:52

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。