ここから本文です

悶絶! モロにモンローなセレブたち

MEN’S+ 6/26(日) 23:19配信

I LOVE ウーマン 生誕90周年記念・第二弾 マドンナも登場!

 2016年6月1日は、36歳の若さでこの世を去ったマリリン・モンローの生誕90周年。6月が終わりを告げようとする前に、その第二弾の特集をしようと思います。
 
 永遠のセックスシンボルとして今もなお君臨し、世界中に根強いファンが存在する魅力とは!? そんな彼女に魅了されたセレブたちの写真集を観ながら、再確認してください!

【モロのモンローなセレブ、前半15名一覧画像を見る!】

 もし彼女の出自に関するストーリーがいま現在、21世紀に展開されていたらどうだったでしょうか。しかも、現在、2016年に全盛期を迎えるほどのタイミングであったら…。きっと、イギリスのEU離脱もなかったかもしれませんね…。あ、これは違う国のお話なので関係ないかもしれませんが…。ただし、キャメロン首相が…でも、違う意味で「私のことが嫌いでも、私は永遠に首相ではない」と発言していたことでしょう。ならば数年後に、です。ドナルド・トランプの誕生日にあたって、歌を披露していたかもしれません…。
 
 冗談はさておき…、今年で生誕90周年を迎え、さらに没後54年も経っているというのに…「メンズ・プラス」ユーザーのほとんどの方にとって、名前しかしならい存在からもしれませんが、いまだにSEXシンボルと君臨するレジェンド、マリリン・モンローの特集を再びご覧ください。今回は銀幕にせよ、誌面にせよ、そしてそれぞれの私生活にせよ、彼女を演じ、そして彼女をリスペクトするセレブたちをここで29名ご紹介! 今回はまず15名を公開。週末プレミアムとして、ご覧ください。残りは6月29日(水)に更新させていただきます。

第3話 マドンナ

マドンナにとって7枚目となるシングル、1984年11月30日に発売された『Material Girl(マテリアル・ガール)』のミュージックビデオでは、マリリン・モンローが出演した1953年公開のミュージカル・コメディ映画『Gentlemen Prefer Blondes(紳士は金髪がお好き)』で繰り広げられた名場面、『Diamonds Are A Girl's Best Friend』を歌うシーンをモチーフに展開。マドンナにとって、理想の女性の姿なのかもしれません。そして、1991年に開催された第63回アカデミー賞受賞式にパフォーマーとして出席したときの写真がこちら。この回で美術賞とメイクアップ賞でノミネートされている映画『ディック・トレーシー』に歌姫であるブレスレス・マホニー役で出演しているマドンナは、映画内でも披露している挿入歌『Sooner or Later』を披露しました。もちろん映画の演出同様、マリリン・モンローに敬意を表したスタイリングでです。そして、その出席時のパートナーに選んだのが故マイケル・ジャクソン。まさに『Diamonds Are A Girl's Best Friend』を体現したのか、それともそのアイロニーなのか…、定かではありますが、世界最高峰のエンターテイナーらしいサービスを展開しました。
 
【マドンナのプロフィール】
1958年8月16日生まれ。アメリカ・ミシガン州出身のシンガーソングライター・女優・映画監督・文筆家・実業家。身長164cm。ニューヨークのダンスクラブ・シーンから登場。1982年にデビュー。1984年に発表した「Like a Virgin(ライク・ア・ヴァージン)」の大ヒットにより、いきなり世界的な大スターとなります。同時期となる1981年に開局したMTVとともに、ミュージックビデオを駆使した表現方法で、ミュージックシーンのマリリン・モンロー=セックスシンボルとして君臨した第一人者ではないでしょうか。

メンズ・プラス編集部

最終更新:6/26(日) 23:19

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ