ここから本文です

【EURO2016全選手採点&寸評】クロアチア 0(延長)1 ポルトガル

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 9:00配信

勝利に値する健闘を見せていたが、カウンター一発に泣いた…

【クロアチア|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6
守備時の連動性ある囲い込みが光った一方で、アタッキングサードでの工夫や厚みが足りなかった攻撃は、フィニッシュの精度を欠いたのが痛かった。勝利に値する健闘を見せていたが、試合終盤のロングカウンターに沈む。

監督 アンテ・チャチッチ 5.5
膠着状態を打破するシステムチェンジや選手起用が見られなかった。延長まで2枚を残していた交代カードの使い方も功を奏さず。

【クロアチア|選手採点&寸評】
GK
23 ダニエル・スバシッチ 6
C・ロナウドの至近距離弾を防ぎ、こぼれ球を詰められた失点に非はない。クロス対応などにも不備はなかった。

DF
11ダリヨ・スルナ 6
34歳とは思えない溌剌とした動きを見せ、2度にわたり高い位置でFKを獲得。守備はインターセプトが冴える。

5 ヴェドラン・チョルルカ 6.5(120+1分OUT)
120分間でクリアミスはわずか1回。高い集中力を保ち続け、ポルトガル攻撃陣の前に立ちはだかったが……。

21 ドマゴイ・ヴィーダ 6.5
最終ラインの壁となり、手堅い守りを披露した。セットプレー時におけるフィニッシュの精度不足を責めるのは酷。

3 イバン・ストゥリニッチ 5.5
左サイドの深い位置まで攻め上がり、4本のクロスを供給。ただ、精度の高いセンタリングは52分の1本のみだった。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

攻撃の時間は長かったものの、最後のところで精度に欠ける…

MF
10 ルカ・モドリッチ 6
頻繁に2CB間まで下がり、ビルドアップの出発点になる。ラキティッチ同様に相手の厳しいマークに苦しんだ。

19 ミラン・バデリ 6
エリア内でクロスをはね返すなど、要所でツボを押さえた守備を見せる。組み立てでの貢献はいまひとつだった。

14 マルセロ・ブロゾビッチ 6
前半だけで6.24キロを走破するなど、豊富な運動量が際立った。トップ下に回ったラキティッチの交代後に輝きを増す。

7 イバン・ラキティッチ 5.5(110分OUT)
中盤での被ファウルが多く、高い位置で持ち味を発揮できなかった。プレースキックの精度に欠けたのも残念。

4 イバン・ペリシッチ 6.5
116分にポスト直撃のヘディングシュートを放つなど、相手守備陣の脅威に。最後まで足を止めず、チャンスメイクに奔走した。

FW
17 マリオ・マンジュキッチ 5.5(88分OUT)
精力的なフォアチェックでファーストディフェンダーのタスクをこなすも、シュートチャンスに恵まれなかった。

交代出場
FW
16 ニコラ・カリニッチ 5(88分IN)
マンジュキッチとの交代で最前線に。97分にエリア内から狙ったシュートは、枠内に飛ばせなかった。

FW
20 マルコ・ピアツァ ―(110分IN)
初戦同様に3枚目の交代カードとして出場。やや闘志が空回りした。

FW
9 アンドレイ・クラマリッチ ―(120+1分IN)
最後の最後にピッチに送り出されたが、ボールに絡む時間がなかった。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文:遠藤 孝輔

1/3ページ

最終更新:6/26(日) 9:00

SOCCER DIGEST Web