ここから本文です

ポーランドが同国史上初のEURO8強進出! PK戦の死闘の末にスイスを撃破

Football ZONE web 6/26(日) 0:45配信

スイスはシャチリの大会最優秀ゴール候補のゴラッソ実らず

 欧州選手権(EURO)フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、A組2位のスイスとC組2位で勝ち上がったポーランドが激突した。試合は1-1で延長に突入したが、120分間を戦っても決着は尽かず。PK戦を5-4で制したポーランドが同国初のベスト8進出を決めた。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 共に初めての決勝トーナメントに進出した代表の一戦。先制したのは今大会無失点を続けていたポーランドだった。前半39分、エリア内右でパスを受けた「クバ」ことMFヤクブ・ブワスチコフスキ(フィオレンティーナ)がスイスGKヤン・ゾマー(ボルシアMG)の股を抜くシュートでネットを揺らした。ドルトムント時代に日本代表MF香川真司との好連携でおなじみだったクバ弾でポーランドが先制した。

 スイスは後半になると、ビッグクラブが熱視線を送る注目の逸材、19歳のFWブリール・エンボロ(バーゼル)をはじめ、FWエレン・デルディヨク(カスムパシャ)、MFジェルソン・フェルナンデス(レンヌ)という攻撃的な選手を次々に投入。鉄壁を誇るポーランド守備陣に襲いかかっていく。すると待望の同点ゴールはエースの左足から生まれた。

 後半37分、スイスのキャプテンDFシュテファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)が左サイドからクロスを上げると、ニアサイドでFWハリス・セフェロビッチ(フランクフルト)が左足のヒールでフリック。中央に流れて一度は相手に跳ね返されたが、ふわりと高く上がったクリアボールの落下点にいち早く入ったMFジェルダン・シャチリ(ストーク)がペナルティエリアの端から豪快なオーバヘッドシュートを披露。空中で体をひねりながら得意の左で合わせた強烈な一撃は、ワンバウンドしてゴール右隅に突き刺さった。

 今大会の最優秀ゴール候補となる起死回生の一撃でスイスが追いつくと、試合は延長戦に突入した。勢いを増したスイスが猛攻を仕掛け、ポーランドは防戦一方となった。延長後半にはデルディヨクが2度の決定機を得たが、ポーランド守護神GKルーカス・ファビアンスキ(スウォンジー)がファインセーブでチームのピンチを救った。

 スコア動かず、試合はPK戦に突入した。スイスの先攻でMFリヒトシュタイナー、FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)という両主将が1人目のキッカーで成功させたが、スイス2人目のアーセナルへの移籍の決まっているMFグラニト・ジャカが痛恨の失敗。ポーランドは5人目MFグジェゴシュ・クリホビアク(セビージャ)までが全員きっちりと成功させ、5-4でPK戦を制した。

 勝利したポーランドは、初のベスト8に進出を決めた。準々決勝ではクロアチア対ポルトガルの勝者と対戦する。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/26(日) 0:55

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。