ここから本文です

グウィネス・パルトロウのNYのお宅を拝見

ハーパーズ バザー・オンライン 6/26(日) 19:09配信

非の打ちどころのない趣味のよさで知られるグウィネス・パルトロウのNYのアパートメントを覗き見できるとしたら、断れる人なんていないはず。

インテリアデザイナーのRoman and Williamsとグウィネスが合同でデザインした美しい住まいが、彼女が手がけるライフスタイル・ブランド“Goop”のウエブサイトで今週、明らかにされた。家族の生活のベースをLAに移した今、トライベッカにあるこの物件を売りに出そうとしているらしい。

明るくエアリーで、ほぼ白一色で統一されたインテリアは、Goopによれば「石畳の通りの上に浮かんだ、淡い色合いの夢みたいな雲のよう」なのだとか。インドのアンティークのドアから作ったブランコや、手刺繍の壁紙、パステル・カラーのシルクなど職人技を感じさせる装飾。それはそれは大きなベッドには、家族全員で寝転がれるだけじゃなくて、当然、それにぴったり合うビスポークのシーツも必要のはず。

最終更新:6/26(日) 19:09

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。