ここから本文です

犬にとって危険な食品リスト

ライフハッカー[日本版] 6/26(日) 20:10配信

ペットにとって頼れるのは飼い主だけなので、ペットの「食」の安全も飼い主次第です。とは言え、これはとても難しい問題です。なぜなら、一見無害な食品の多くがペットにとっては有害になる可能性があるからです。このの画像は犬にとって危険な食品の一部と、それがどのような症状を引き起こすかを示しています。

基本的に人間が食べるものはどれもペットにとっては有害になる可能性がある、と覚えておきましょう。たとえば、ブドウはまったく害がないように見え、犬はよろこんで飛びつくかもしれません。しかし、ブドウは犬の急性腎不全の原因となります(レーズンも同様です)。

ペットに有害な食品、植物、薬品、その他を網羅したリストなら、動物医療サイトなどのデータベースをチェックしてください。

・アルコール:昏睡、死亡、中毒

・アボカド:含有成分のペルシンによる嘔吐、下痢

・干しブドウ:腎不全

・調理した骨:胃の裂傷

・クルミ、マカデミアナッツ:神経系と筋肉の損傷

・タマネギとニンニク:血球の損傷貧血

・乳製品の食べ過ぎ:下痢

・ブドウ:腎不全

・油っぽい食物の食べ過ぎ:膵炎

・ある種のキノコ:ショック死

・チョコレート:心臓と神経系に有害。死亡することもある。

・キシリトール(ガム、キャンディ、等):肝不全、低血糖、死亡することもある

・カフェイン:嘔吐、下痢、心臓と神経系に有害

・薬物(解熱・鎮痛剤):腎不全、胃腸潰瘍

・飼い犬が何か危険なものを食べてしまったら、急いで獣医に電話してください。

Kristin Wong(原文/訳:春野ユリ)
Photo by counselling.

最終更新:6/26(日) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

なぜ今? 首相主導の働き方改革