ここから本文です

コパ決勝。メッシ、悲願の代表タイトル獲得へ「絶対に勝つ」

フットボールチャンネル 6/26(日) 7:10配信

 コパ・アメリカ決勝を控え、会見を行ったアルゼンチン代表のリオネル・メッシ。自身初となる同大会制覇に向けて、「勝ちたい」という強い思いを語っている。24日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現地26日(日本時間27日9:00)に行われるコパ・アメリカ決勝は、2大会連続でアルゼンチンとチリによる対戦になるが、「同一カードという以上に、前回大会と非常によく似ている気がする」とメッシは語る。この両国はグループリーグ初戦でも激突しており、アルゼンチンは2-1とチリを降している。

 アルゼンチン代表は2014年のワールドカップ、2015年のコパ・アメリカ、そして今回と直近3つの国際大会で連続しての決勝進出だ。が、過去2大会はいずれも準優勝に終わっている。メッシは「連続で決勝まで来ているのは重要なこと。それだけに負ければ大きな失望だ」と述べ、「とにかく勝ちたい。歴史を変える時だ」と意気込みを見せた。

 代表チームにとって23年ぶりのコパ・アメリカ制覇という側面もあり、「このタイトルを獲りたいのは、自分に欠けているという理由からではなく、代表チームにとって重要だからだ」と続け、「過去の2つの大会のことは忘れたい。チャンピオンになることに集中している」とコメントした。

 大会2戦目からの登場となったメッシだが、ここまでチームトップの5ゴールをあげ絶好調だ。華麗なキャリアの中で、唯一欠けている代表でのビッグタイトル。それは、準優勝続きのアルゼンチン代表だけでなく、24日に29歳の誕生日を迎えた彼自身にも最高のプレゼントとなるに違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 7:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。