ここから本文です

PSGがネイマール獲得に異次元オファー! 年俸36億円に加え、驚愕の契約ボーナス48億円

Football ZONE web 6/26(日) 9:20配信

地元紙がオイルマネーの衝撃を報じる

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールに対して、潤沢なオイルマネーで潤うパリ・サンジェルマン(PSG)が驚愕の報酬となるオファーを提示した。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が、PSG移籍を決断した際には約36億円という年俸とは別に、約48億円もの契約ボーナスを支払うとレポートしている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 2018年6月にバルセロナと契約満了になるネイマールは、現在クラブと延長交渉を進めているが、好条件を引き出すためか代理人のワグナー・リベイロ氏が「3つのビッグクラブがネイマール獲得を希望し、バルサに2億ユーロ(約240億円)を払おうとしている」と語るなど、去就問題は混沌としている。

 ネイマール獲得を狙うクラブの一つと言われるPSGは、カタール人のナセル・アル=ケライフィ会長の下でオイルマネーを惜しみなくつぎ込み、ワールドクラスのタレントを続々と獲得してきた。その野心はブラジルのナンバー10にも向けられており、報酬は超破格の好条件になるという。

 年俸額は2500万ユーロ(約30億円)から3000万ユーロ(約36億円)に設定。この時点でバルサの提示額と言われている18億円を遥かに凌いでいるが、ネイマールがカンプ・ノウからPSGの本拠地パルク・デ・プランスへと移籍を決断した時点でボーナスを与える予定だという。そして、その額はなんと4000万ユーロ(約48億円)だとレポートされている。

イブラの年俸の2倍以上の契約ボーナス

 今季限りでパリ・サンジェルマンを去ったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチですら、年俸は1600万ユーロ(約19億2000万円)だったことを踏まえると、契約ボーナスだけでもスウェーデンの“オレ様ストライカー”の年俸の2倍以上の条件となっている。あまりに異次元のオファー内容が、ネイマールや父親の心を動かす可能性は十分にある。

 ブラジルのナンバー10は、オイルマネーの甘い誘惑に応じてしまうのだろうか。もしそうなれば、来季のバルサでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの「MSNトリオ」の姿を、見ることができなくなるかもしれない。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/26(日) 10:04

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。