ここから本文です

デシャン監督、決戦モードに「ここから本当のEUROが始まる」

フットボールチャンネル 6/26(日) 9:40配信

 EURO開催国として順調な戦いぶりを見せているフランス代表。指揮官のディディエ・デシャン監督の気持ちも決勝トーナメントモードに切り替わっている。25日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 難敵アイルランドを迎え撃つデシャン監督は、「ここからはもうミスは犯せない。勝つか、大会から去るかのいずれかだ」と語り、緊迫の試合を控え「我々はこういう試合をするためにここにいるのだ。さあ、本当の大会が始まる」と予選モードから、決勝トーナメントモードへの切り替えを訴えた。

 また、数名の選手についてもコメントを残し、今大会のラッキーボーイとなっているMFディミトリ・パイエには「若手ではないし、代表での経験も少ない。だが、彼はなぜ今、自分がこの場にいるのかを分かっているのだ」と述べ、「今、彼はいい状況にあり、たくさんの称賛を受け、いい評価をもらっている。そして、彼はこのパフォーマンスを維持するためによくトレーニングしている」と29歳の遅咲きMFを称賛する。

 一方で、大会のスター候補と目されたものの、完調とはいかないMFポール・ポグバには「まだ彼は若い。そして、みんなが彼に注目している。いい準備をするためにも、彼にはもう少し、落ち着き、冷静さ、集中力が必要だ」と言及している。

 選手時代には、主将として自国開催のワールドカップを制し、EURO優勝も経験したデシャン監督は、誰よりも短期決戦の戦い方を熟知している存在だ。モードを切り替えたフランスの戦いぶりやいかに。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 11:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。