ここから本文です

“紅白市松ヘア”で話題のクロアチア代表MF 16強敗退もレアルやアーセナルが注目

Football ZONE web 6/26(日) 12:41配信

インテルMFペリシッチがポルトガル戦で斬新な髪形披露 「誇りである」

 クロアチア代表のMFイバン・ペリシッチ(インテル)の、クロアチアユニホームをあしらった衝撃の“紅白ヘア”は同国初の国際大会優勝にはつながらなかった。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦を前に、側頭部をクロアチアカラーに染める斬新な髪形で世界の注目を浴びたが、チームは延長戦の末に0-1で敗退した。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 優勝候補のダークホース同士と目された一戦、選手入場で注目を浴びたのはポルトガルのエースFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)、負傷から復帰したクロアチアMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)でもなく、ペリシッチの襟足だった。

 それもそのはず。左側頭部から後頭部にかけて、クロアチア代表のユニホームでお馴染みの赤と白の市松模様に染めたヘアスタイルだったからだ。ペリシッチは試合直前、自身のツイッター上で「誇りである」との言葉とともにナショナルカラーに染め上げた斬新な襟足を披露し、世界中のファンを驚かせた。

 愛国心を髪型で示したペリシッチはポルトガル戦でもキレのある動きを見せた。前半30分には右サイドを抜け出してカットインしシュートを放ち、サイド攻撃のキーマンとなった。しかしチームは延長戦を含む120分間で13本のシュートを放ちながら枠内を一度も捉えられず、延長後半12分にロナウドのシュートのこぼれ球をFWリカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)に頭で押し込まれて痛恨の失点を喫し、万事休した。

スペイン名将も「偉大な選手」と讃える

 それでも、ペリシッチに対する評価は今大会で高まった。特に印象的な活躍を見せたのは、グループステージ第3戦のスペイン戦だ。EURO3連覇を目指す王者相手にペリシッチは1ゴール1アシストをマークし、逆転勝利の立役者となった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によると、試合後スペインのビセンテ・デル・ボスケ監督は「我々はペリシッチの存在を知っていた。彼は偉大な選手で、こういったことがフットボールでは起こるんだ」とクオリティーを絶賛していた。

 レアル・マドリードやアーセナルの補強候補として名前が挙がるなど、ペリシッチは自身の市場価値を一気に高めた。クロアチアヘアのパフォーマンスは勝利に直結しなかったが、その突破力は新シーズン、日本代表DF長友佑都とともに所属するインテルで見せるのか、それとも――。今夏の去就に注目が集まりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/26(日) 12:41

Football ZONE web