ここから本文です

決勝点演出のベイルが「信じられない」と喜び爆発 初出場ウェールズがチーム一丸で8強へ

Football ZONE web 6/26(日) 13:39配信

得点ランキングもトップタイでチームを力強くけん引

 ウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、同国史上初の欧州選手権(EURO)ベスト8進出に「信じられない」と喜びを爆発させている。試合後、英国営放送「BBC」のインタビューに応じたもの。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ベイルを擁するウェールズは、決勝トーナメント1回戦で同じく初出場でベスト16に勝ち上がってきた北アイルランドと対戦。グループステージで敗れたイングランド戦に続く、“英国ダービー”となった。

 0-0で迎えた後半30分、ベイルは左サイドでMFアーロン・ラムジー(アーセナル)からパスを受けると、ワンタッチで中央へグラウンダーのクロスを供給。これが北アイルランドDFギャレス・マコーリー(ウェスト・ブロムウィッチ)の足に当たってゴールイン。記録はオウンゴールとなったが、ベイルの左足から決勝点が生まれた。来季、レアル・マドリードへの復帰が決まったスペイン代表FWアルバロ・モラタと並び、3ゴールで大会得点ランキングトップに立つレフティーは、互角の勝負となった一戦をこう振り返っている。

「なんて言えばいいんだい? 苦しい試合になることは分かっていた。北アイルランドはとても難しい相手で、前線にスペースが全然なかったよ」

快進撃でチームの雰囲気も最高潮

 しかしウェールズは、虎の子の1点をモノにしてベスト8へ駒を進めた。EURO初出場ながら快進撃が続いていることについて、ベイルは「インクレディブル(信じられない)」と喜びを爆発させた。

 さらに試合後には、自身のツイッターを更新。「次なるストップはクウォーターファイナルだ」というメッセージには、喜びにあふれたチームメートとの集合写真にと「#TogetherStronger(一緒ならより強くなれる)」というハッシュタグが付けられていた。チーム内の雰囲気も良好なようで、まさにウェールズがチーム一丸となって戦えている証だろう。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/26(日) 13:39

Football ZONE web